soccer

2018W杯最終予選 イラク戦(アウェー)

アウェーの洗礼を受ける手痛い引き分けでした。 香川が怪我で離脱した形で迎えたイラク戦ですが、この試合でも怪我人が両チームで続出する激しい試合となりました。 前半の早いうちに、コーナーキックから大迫選手のヘッドで貴重な先制点を獲得。 その後もや…

2018W杯最終予選 タイ戦(ホーム)

結果だけ見れば完勝でした。 怪我で代表メンバーから外れる選手が続出する不安もありますが、相手は無勝のタイであり、ホーム戦でもあります。 勝てる見込みこそ高いものの、不安も募る試合でしたが… 前半も早いうちに、岡崎選手からのセンタリングを香川選…

2018W杯最終予選 UAE戦(アウェー)

2018W杯の最終予選としては、2017年になってからは最初の試合になります。 他の2試合は既に終了しており、上位争いをしているオーストラリアは痛恨の引き分け、サウジアラビアは3点完勝しています。 前半の開始早々に、酒井選手からのスルーパスを久保選手が…

2017年Jリーグが開幕

今年2017年もJリーグの開幕戦が各地で行われました。25年目ですね。 関連: 2015年Jリーグが開幕 2016年Jリーグが開幕 昨年、一昨年と続いていた2ステージ制でしたが、最終的な優勝チーム決定に至るプロセスの複雑さや、ACLとの日程も鑑みて、今年は1ステー…

2018W杯最終予選 サウジアラビア戦(ホーム)

よくやった試合でした。 先頭に大迫選手、両サイドFWには原口選手と初先発の久保選手。本田選手、香川選手は控えという編成です。 前半から積極的な攻めを見せる日本。サウジアラビアは特に後半の成績が良いため、なんとしても先制点が欲しいというところで…

2018W杯最終予選 オーストラリア戦(アウェー)

なんとも惜しい試合でした。 本田、香川がスタメン、特に本田選手は珍しく1トップです。ベンチスタートには清武選手や岡崎選手など。 残念ながら酒井(宏)選手は前節のイエロー累積により出場停止となっています。 時差の問題で残念ながら前半は最後のほうし…

2018W杯最終予選 イラク戦(ホーム)

終盤が非常に劇的な試合でした。 香川がベンチスタートで、スタメンはここのところ調子が良い選手を揃えたようです。 前半はやや優勢なものの、シュート数にそこまで差が無く、幸運やGK西川選手の好セーブに助けられた点も少なくなかったです。 そんな中、前…

2018W杯最終予選 タイ戦(アウェー)

絶対に落とせない2戦目です。 初戦と違いアウェーでの試合です。今回は経験値の高い選手がスタメンに選出されたようです。 アウェーとはいえ初戦と同じく、多くの時間を日本が支配する形で前半が進みました。 早い段階で原口選手が上手いことヘッドを決めて…

2018W杯最終予選 UAE戦(ホーム)

審判の判定が酷い試合でした。 長友選手をはじめ、何名かが負傷で離脱するという手痛いスタートとなっています。 UAEは勝ち星を上げられなかったアジア杯で負けているチームです。圧倒的なシュート数を記録しながらも、終ぞゴールを割れずPK戦で敗退していま…

2018W杯予選 シリア戦(ホーム)

前半は苦戦を予感させましたが、終わってみれば5点完封と完勝でした。 本田選手、香川選手、宇佐美選手がスタメン出場、布陣も4-3-3という攻撃的なものになっていました。 前半から頭を使った連携プレーでシリア陣営を崩しに掛かりますが、なかなかゴールを…

2018W杯予選 アフガニスタン戦(ホーム)

アウェー戦に続き、5点完封でスコアとしては完勝でした。 本田選手、香川選手、宇佐美選手などがベンチスタート、またハーフナー選手が久々にベンチ入りという編成です。 DFに4,5枚というディフェンシブなアフガニスタン相手に、前半はなかなか崩すことがで…

2016年Jリーグが開幕

今年2016年もJリーグの開幕戦が各地で行われました。発足してから24年目となります。 今季も2ステージ制で、1ステージの第1節として昨日8試合、本日1試合が行われました。 各試合の簡単な内容です。左がホームチームです。 ジュピロ磐田 vs 名古屋グランパス…

【高校サッカー】東福岡が國學院久我山を下し夏冬連覇

先ほど、第94回全国高校サッカー選手権の決勝戦が行われ、東福岡が國學院久我山に5-0で完勝し、夏冬連覇を決めました。 両者ともパスサッカーということで観ていて面白い試合でした。 前半は一進一退で、お互いにやりたいサッカーができていたという印象です…

雑記(2016/01/09)

今日もサッカー特集ですよ。 東福岡が星陵に2-0で勝利、決勝進出 東福岡、前回王者・星稜を下して夏冬連覇に王手…2年生コンビの得点で快勝 | サッカーキング 前回の冬大会優勝校である星陵と夏大会の優勝校である東福岡の好カード対戦が準決勝として埼玉スタ…

雑記(2016/01/04)

サッカー特集です。 柿谷選手、セレッソ大阪に完全復帰 C大阪、バーゼルから柿谷曜一朗を完全移籍で獲得…1年半での復帰 | サッカーキング フースバル・クラブ・バーゼル1893 柿谷曜一朗選手 完全移籍加入のお知らせ | Cerezo OSAKA 2013年からA代表でも活躍…

J1、J2の2015年の全試合が終了

J1、J2の今年の全試合が終了しました。 J1 今年から2ステージ制となったため、チャンピオンシップが行われています。 この仕組みが結構ややこしく、ルール自体は以下のページに記載されています。 チャンピオンシップ:Jリーグ.jp 2ステージを通して「年間…

J1セカンドステージの最終節が終了

メインでは浦和レッズの試合を観ていましたが、先ほど各地でJ1セカンドステージの最終節が終了したもようです。詳細な記事は後日更新予定ですが、ひとまず結果を。サンフレッチェ広島 5 - 0 湘南ベルマーレ浦和レッズ 5 - 2 ヴィッセル神戸ガンバ大阪 3 - 0 …

2018W杯予選 カンボジア戦(アウェー)

2点完封勝利こそ果たしたものの、良くも悪くも接戦でした。 本田選手がベンチスタートで、香川選手や岡崎選手、宇佐美選手などが先発スタートという大規模なスタメン変更がありました。8人が入れ替わっています。 前回3点完勝で今なお全敗である相手とは思え…

2018W杯予選 シンガポール戦(アウェー)

初戦の雪辱をくつがえす3-0の完勝でした。シリアに奪われた首位を再び奪還です。 選手たちの調子もふまえ、香川選手や宇佐美選手、岡崎選手などは控えスタートでした。 前半開始直後から相変わらずシンガポール陣に対し、積極的に攻める姿勢は前回の試合と変…

2018W杯予選 シリア戦(アウェー)

3-0と快勝でした。いよいよ首位です。 シリアのホームゲームという位置付けですが、情勢不安によりオマーンでの開催となりました。 そのため、熱狂的なサポーターを除いてスタジアムが空という、やや静かな試合でした。 前半も一進一退で特に目立ったシーン…

2018W杯予選 アフガニスタン戦(アウェー)

6-0と大量得点での完勝でした。 カンボジア戦と違い、原口選手が先発で出場していました。そして前半のうちにもたらされた香川選手の先制弾は原口選手より生まれました。 その後も敵陣でのプレーが多かったものの、シュートはそこまで撃ててなかった印象。 …

2018W杯予選 カンボジア戦(ホーム)

3-0で勝利でした。ようやく念願の白星です。 前半から積極的に攻め続け、実にシュート数18本(公式では12本)も撃つ機会がありながら、得点に至ったのは本田選手のミドルシュート1本でした。 カンボジアのDFは5枚でしたが、どうにも雑なクリアが目立ち、観てい…

雑記(2015/09/02)

スポーツの秋。 カップ戦でアルビレックス新潟が浦和レッズに5-0大勝 歴史的勝利は5発大勝…新潟が9年ぶりに浦和下し4強進出に前進 | サッカーキング 今年からJ1に昇格したアルビレックス新潟が、J1ファーストステージを無敗で制覇した浦和レッズを相手に5-0…

2018W杯予選の日本代表メンバーが発表されました

W杯予選に臨む日本代表23名発表…東アジア杯メンバーから13名招集、川島が選外に | サッカーキング 発表されたメンバーは以下のとおり。■日本代表メンバー▼GK西川周作(浦和レッズ)東口順昭(ガンバ大阪)六反勇治(ベガルタ仙台)▼DF酒井宏樹(ハノーファー…

EAFF東アジアカップ2015 第3戦

結局、最終戦も引き分けで、2015年の東アジアカップは日本が最下位という結果でした。 21:30キックオフと勘違いしていて、20分くらいからの観戦でしたが、その時点ですでに先制されているというスタート。ガンバ大阪勢は出場しているようす。 ただ、そこから…

EAFF東アジアカップ2015 第2戦

1-1の引き分けでした。 勝てなかった点については不満が残りますが、1戦目よりはまともでした。 前半27分に森重選手のエリア内ハンドによりPKで先制されてしまいました。これは意図的でなかったのは誰もが認める仕方ないシーンでした。 ここから少し雑なシー…

EAFF東アジアカップ2015 第1戦

逆転負けです。はい。 日本、北朝鮮にまさかの逆転負け…武藤初得点もハリルジャパン5戦目で初黒星 | サッカーキング 序盤の早いタイミングで武藤雄樹選手が代表初ゴールという幸先スタート。 その後もしばらくは良いペースだと思ったんですが、途中からは攻…

2015年Jリーグのセカンドステージがスタート

昨日、J1のセカンドステージが一斉にスタートしました。 関連:2015年Jリーグが開幕 ファーストステージの順位は以下の通り。 浦和レッズ FC東京 サンフレッチェ広島 ガンバ大阪 川崎フロンターレ 首位の浦和レッズは史上初の無敗制覇という快挙を成し遂げま…

2015年Jリーグが開幕

今年2015年もJリーグの開幕戦が各地で行われました。発足してから23年目となります。 今季は2ステージ制となっており、今日は1ステージの第1節でした。 各試合の簡単な内容です。左がホームチームです。 ガンバ大阪 vs FC東京 試合会場:万博記念競技場 ちょ…

FIFAランキングの仕組み

FIFAランキングの順位が決定する仕組みが解説されています。 FIFAランキングの仕組み どう決まるFIFAランク…順位決定のカラクリを分かりやすく解説 | マイナビニュース M×I×T×C=P M:結果 I:重要度 T:対戦国の強さ C:大陸連盟間の強さ M:結果 ワー…

J1昇格はモンテディオ山形に決定

一昨日の記事です。 6位山形、山崎の1点を守り切り4シーズンぶりのJ1昇格! - Goal.com*1 J2のジェフユナイテッド千葉、ジュビロ磐田、モンテディオ山形の3チームで争っていたJ1昇格プレーオフですが、11/30にGKのヘッドで逆転という劇的展開で磐田に勝利…

Jリーグのユニフォーム前面スポンサーまとめ(2014年)

先日、テレビで放送されていた大宮アルディージャvsサガン鳥栖の試合を拝見しました。 かなり綺麗に決まったシュートシーンも見れましたが、驚いたのがユニフォームに書かれたdocomoのロゴ。スポンサーやってたんですね。ちょっと意外です。 ということで、…

FIFAランキングが更新! 2014W杯を制したドイツが首位浮上

最新FIFAランク発表:スペイン首位陥落…W杯優勝のドイツが約20年ぶり首位浮上! | ゲキサカ[講談社] 本日、国際サッカー連盟より最新のFIFAランキングが発表されました。 以下、リンク先の記事に掲載されている順位情報をまとめました。 今回前回国名 1 2 ドイ…

2014W杯が終了

ドイツが優勝しました!(ネタバレ) ブラジルvsオランダ 3位決定戦 ブラジル 0 - 3 オランダ マッチレポート - Goal.com ブラジルは累積警告で準決勝に出られなかった主将・シウバが復帰したことで、準決勝よりは厚いメンバーで挑むこととなりました。 対する…

2014W杯、決勝トーナメント準決勝が終了

7/6 :「予想はブラジルとオランダの決勝戦です(`・ω・´)」 今日:「( ゚д゚)………」 昨日:「(。A。)」 ブラジルvsドイツ ブラジル 1 - 7 ドイツ マッチレポート - Goal.com 日本時間で朝5:00からキックオフでした。スタメンに変更のないドイツに対し、怪我による…

2014W杯、決勝トーナメント2回戦が全て終了

ベスト4が出揃いました。 日本時間で今朝方に行われたオランダvsコスタリカ以外は観ることができました。 疲れきった週末から朝7時までってのは、なかなかに重労働でした。 フランス vs ドイツ フランス 0 - 1 ドイツ マッチレポート - Goal.com 結果だけみ…

2014W杯、決勝トーナメント1回戦が全て終了

2014W杯の全ての本選1回戦が決着し、ベスト8が出揃いました。 トーナメント表でも作ってみるかーと思いましたが、htmlで表現するのが難しそうでした。 Googleのトップで上手く作っているのを見かけたので、いずれ頑張ってみようと思います。 ブラジル(A1) vs…

2014W杯、グループリーグ終了

2014W杯の全てのグループリーグが決着し、ベスト16が出揃いました。 全グループ結果 Aグループ ブラジル クロアチア メキシコ カメルーン 勝点 得失 総得 ブラジル(3位) - 3 - 1 0 - 0 4 - 1 7 5 7 クロアチア(18位) 1 - 3 - 1 - 3 4 - 0 3 0 6 メキシコ(20…

2014W杯、最終戦を終えて

本日、日本時間5時よりキックオフの対コロンビア戦は1-4の惨敗だったそうです。 見れませんでした。見なくてもよかったかもしれません。 最低2点を取る必要があった日本は、これまで以上に攻撃的だったようで香川、青山を先発投入し、シュート数も過去2試合…

2014W杯、2戦目を終えて

本日、日本時間7時よりキックオフの対ギリシャ戦は0-0の引き分けでした。 あとがない。 コートジボワール戦とは一転、圧倒的ボール支配率を以って攻める日本。前半だけで前の試合のシュート数7本に達しました。 前半の早い段階でミトログルをベンチへ追いや…

2014W杯、初戦を終えて

本日、日本時間10時よりキックオフの対コートジボワール戦は1-2の逆転負けでした。 負けました。非常に残念。悔しい。 前半は一進一退といったところでしたが、左サイドの長友選手からのアシストで本田選手が見事なシュートを決めてくれました。 ところが、…