読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

USB切り替え器「SW-US22H」を買いました。

device

SW-US22H【USB2.0ハブ付手動切替器】2台のパソコンで2台のUSB2.0機器をそれぞれ別々に切替可能なUSB2.0ハブ付切替器。 - サンワサプライ株式会社

うちではデスクトップPCとノートPCで同じワイヤレスUSBキーボートとマウスを共用しています。

元々はデスクトップPCメインでしたが、OSがXPでそろそろサポートが切れるのもあって、ぼちぼちノートPCメインに切り替えていく予定です。

ただ、まだデスクトップじゃないとできない作業(iPhoneiTunesの同期とか。ライブラリの関係で)がいくつかあるので、ときどき起動しています。

その都度、USBを抜き差しするのが億劫になってきたので、今回この切り替え器を購入しました。

製品情報(付属品)

  • 本体(切り替え器)
  • ACアダプタ(電源使います)
  • PC接続用のUSB Bケーブル×1

この製品は電源が必要です。意外と盲点でした。

また、2台のPCで2つのUSBを切り替えて使えるという製品仕様にも係わらず、PC接続用のUSBケーブルが1本しか付属していません。しかも形状はB端子です。

幸い、バックアップ目的で滅多に繋がない外付けHDDの接続端子がちょうどAtoBのUSBだったので事なきを得ましたが、この製品だけでは単なる要電源のUSBハブにしかならないところでした。

個人的な感想ではありますが、この辺りについて購入時には注意が必要かもしれません。

なお、切り替え器本体(USB B端子)⇔PC(USB A端子)での接続となっています。

使った感想

使い勝手については、購入前のイメージ通りで使いやすいです。

切り替え器にUSBハブを通してもちゃんと使えました。切り替えてしまうと当然ながらハブに差した全製品がPC1とPC2で切り替わります。

ただ、USBハブを通してキーボードやマウスを使おうとすると、切り替え器に直接差すよりタイムラグが大きいです。これは気になるというレベルを少し超えていたので、直接差すことにしました。

切り替えがスイッチではなくボタンで、OFFのときがPC1、ONのときがPC2と少し戸惑うかもしれません。というか私は戸惑いました。が、これは切り替えるUSBが2つあるためでしょう。

例えば、キーボードとマウスを別のUSBでそれぞれ2台で使いたい場合でも、キーボードはデスクトップPCで使い、マウスはノートPCで使いたい場合などはUSBハブを通すわけにはいきません。

そんな場合は、USB1をON、USB2をOFFなどに切り替えれば問題なく使えるので便利です。

また、本体はかなり軽いです。場所によってはコードに押しやられて、がたつくかもしれません。

なお、上記の通り、電源供給はUSB経由ではなくACアダプタのため、両PCをシャットダウンしてもランプは点灯したままになります。

 

以上です。