読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予測変換スクリプト(骨組み)

昨日の続きです。予測変換スクリプト(草案のみ)

流石にやっつけ仕事すぎると思うので、少し動くものを組んでみました。



 

上のテキストボックスに文字を入力すると、下のテキストエリアから変換候補を拾ってきます。テキストエリアは自由に編集することができます。

横のセレクトボックスでは前方一致、部分一致、後方一致を選択できます。

ローマ字やひらがな、カタカナでも変換して比較しています。ローマ字変換については、こちらのスクリプトをお借りしました。

JavaScriptでローマ字かな変換してみるテスト

また、ひらがな⇔カタカナ変換についてはこちらのコードを参考にさせてもらっています。

カタカナをひらがなに一括変換する - JavaScript TIPSふぁくとりー

 

思ったより普通に動いてくれるようです。

漢字については、広辞苑レベルのデータベースが必要になると思いますので、データベース側に読み方も一緒に持つべきかなと思います。それにしてもGoogleはすごいなー。

 

あとは、表示される変換候補を選択できるようにして、選択した文字列をテキストボックスに返してあげたいと思います。

キーボードの↑↓にも対応させたいし、その場合は選択中の文字列に背景とかもつけたいです。

変換中の文字も拾いたいのでsetTimeout()も試してみたりしましたが、フォーカスが当たっていない場合も表示されてしまうので、そもそもの表示制御をどうするべきか思案する必要がありますね。

今はフォーカスが外れたときは非表示になるようにしています。

まだまだいじってみたい部分が多いので、もうしばらく作り込んでみたいと思います。

とはいえ、土日はポケモンやってます。そろそろ殿堂入りしたい!

 

続きです。⇒予測変換スクリプト(暫定版)