読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接続端子いろいろ

よく使う接続端子をまとめました。

新旧いろいろあるけど、けっこう偏っているかもしれません。

USB

ユーエスビー。

Universal Serial Bus」の頭文字を取った端子で、PC周辺機器の多くに使われているデファクトスタンダードに近い規格。

現時点での主流はUSB2.0ですが、そろそろUSB3.0が広まってきてもおかしくないはず。

映像、音声、データ、給電など、多くの転送媒介を果たす。

形状は主に、一般的な長方形状の「USB A」、正方形状で中身が台形に近い「USB B」、小型デバイス向けの「ミニUSB」「マイクロUSB」などがある。

「USB A」は上下の区別があるものの、パッと見での判別が難しくて間違われることも多い。その上、正しいのに刺さりにくかったりもする。

そういった事態もUSB3.1で解消されることが期待されている。

USBコネクタの表裏がなくなる、次世代コネクタ「Type-C」仕様策定開始 | マイナビニュース

次世代USBのプラグは今より小さくなり(MicroUSBなみ)やっと裏表がなくなる | TechCrunch Japan

IEEE 1394

アイトリプルイー1394。

元はApple社が提唱した「FireWire」という規格を標準化したもの。

USBと同様、さまざまな伝送媒介となり、ビデオカメラやプリンタなどに搭載されていたが、最近ではそれらもUSBに移り変わっているもよう。

Thunderbolt

サンダーボルト。

Intel社、Apple社が共同開発した規格。事実上、FireWireの後継とされている。

USBと同様、汎用的な伝送媒介を果たすが、Thunderbolt端子はディスプレイ接続などにも使われる。

性能的にはUSB3.0寄りでありながら、余力を残してもいるようで。

Thunderbolt vs. USB 3.0どっちが上? 5本勝負 : ギズモード・ジャパン

Lightning

ライトニング。

iPhone5で正式に採用された端子。USBと違い上下に区別はない… のだろうか。

【iPhone 5分解その5】実は表裏があったLightningコネクタ - 家電・PC - Tech-On!

USB変換ケーブルや、HDMI変換ケーブルまでもあることから、かなりの性能を有しているようだが、詳細な仕様が掴めない。

また、Android端末がマイクロUSB端子であることに比べると極めて汎用性に欠け、欧州では排斥の流れもあるようだ。

アップルが「Lightningコネクター」を廃止し、「microUSB」に統一?――欧州で新法制定の動き – すまほん!!

HDMI

エイチディーエムアイ。

「High-Definition Multimedia Interface」の頭文字を取った端子で、主に映像と音声を転送するインターフェース。

後述するDVI規格をベースとし、音声や著作権保護などの機能を付随している。

現在の映像出力の標準といっても過言ではない。液晶テレビや液晶ディスプレイ、PS3XBox360などにも搭載されている。残念ながらWiiには搭載されていない。

形状はタイプA~Eまであり、CはミニHDMI、DはマイクロHDMIと呼ばれる。

ワイヤレスHDMIという規格もあり、AppleTVなどのAirPlayもこの一種。

DVI端子

ディーブイアイ。

Digital Visual Interface」の頭文字を取った端子で、映像出力インターフェース。

液晶ディスプレイやプロジェクタなどはこちらを主流としている。ディスプレイの多くは音を必要としない。

その名の通り、デジタル端子。

D端子

Dの名を冠しているが、形状が「D」というのが由来であり、実際はアナログ端子である。

とはいえ、D1~D5までの規格があり、D5ではフルハイビジョンの映像出力が可能である。

映像出力についてはこちらに解説が載っている。

Asahi Satellite Page [映像端子の種類と解説]

D-Sub15ピン

DVIと並ぶPCディスプレイの主流端子。

15ピン以外にもいくつか種類があるが、基本的には15ピン。

アナログ端子。

RCA端子

いわゆる三色端子。スーパーファミコンなどでも使われた赤白黄の三本の端子からなる。

赤白はステレオ音声の左右を担当し、黄色はコンポジット映像信号を担当している。

コンポジット端子とも呼ばれたりするが、コンポジットはあくまで映像出力である。