読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneに同期を使わず曲を追加したい

結論から申しますと、自分の環境では意図に合致する解決方法がありませんでした。

 

現状と目的

旧デスクトップPC(Windows XP - 32bit)からノートPC(Windows 7 - 64bit)にメインをシフトしています。

NASのおかげでデータを含めて多くのタスクを移植することができましたが、一部が未だにできていません。

その1つがiPhoneのライブラリ管理です。一応、データ自体はNASにもありますが、どちらかというとバックアップ目的となっています。

ライブラリ移行についてはいろいろとサポート情報があるみたいです。

iTunesのライブラリの移動・バックアップ: Apple サポートコミュニティ

ですが、正直、面倒です。数ファイルをコピーするだけでは駄目なのでしょうか。

そのため、今のところは面倒なのでライブラリの移行は行っていません。iPhone 6が発売されたときにでも改めてライブラリを作成しようと思っています。

ということで、今もiPhoneの曲は旧デスクトップのiTunesライブラリで管理されており、新しい曲を追加するにはデスクトップでの接続が必要となっています。

今回は「別のライブラリと同期されているiPhoneに手動で曲を追加したい」が目的です。

 iTunesでコンテンツを手動管理

iPhone、iPad、iPod のコンテンツを手動で管理する

基本的には、iTunesをインストールしたPCに有線(今は無線同期も可能)すると、ミュージックやビデオ、アプリなどをライブラリと自動で同期を行います。

自動同期については、上記のサイトで解説されているように手動同期に切り替えて手動管理を行うことができるようになります。

ただ、この方法はあくまでiPhoneとのライブラリ同期が既に確立されているPCでのみ可能であり、ライブラリ同期されていないPCのiTunesでは、最初にiPhone内の同期コンテンツを全て削除する必要があるようです。

iTunes以外のソフトでの管理

iTunes以外にもいくつかのiPod系列の曲管理ソフトがあるようです。

  • CopyTrans Manager
  • TunesGo
  • Sync iOS
  • SharePod
  • AnyTrans
  • DiskAid
  • iPhone Explorer (iExplorer)

ただ、どれも結局はライブラリ管理の方法がiTunesの代替となるというだけで、ライブラリは維持しつつ、新たに曲だけ追加したいという目的を果たすには少し大仰なソフトばかりです。

これは、どうもiPhone内のiPodアプリでの曲管理が独特な作りになっているからだと思われます。

ライブラリを同期する形を基本とした管理体系となっており、手動でもできるというだけなのかもしれません。