2014W杯、2戦目を終えて

本日、日本時間7時よりキックオフの対ギリシャ戦は0-0の引き分けでした。

あとがない。

 

コートジボワール戦とは一転、圧倒的ボール支配率を以って攻める日本。前半だけで前の試合のシュート数7本に達しました。

前半の早い段階でミトログルをベンチへ追いやり、主軸のカツラニスにイエロー2枚で累積退場させるという事態により、かなり有利な立場での試合展開となりました。

惜しい場面もいくつかありましたが、この時点でギリシャは引き分け狙いと割り切ったのか、10人全員が自陣深くに居る場面を目にする機会が多かったです。

結局、数的有利の中でも堅守ギリシャのゴールをこじ開けるには至らず、スコアレスドローという結果になりました。

 

これで日本は、グループリーグ最終戦のコロンビアに勝利したとしてもリーグ通過が確定しないというところまで追い詰められることになりました。

W杯グループリーグ通過条件

最前提として、各グループは4カ国構成で、各グループから上位2チームまでがグループリーグ通過となります。

グループリーグ通過の条件は以下の通り。上から優先順位が高いです。

  1. 勝ち点が高いチーム(試合で勝利=勝ち点3、引き分け=勝ち点1ずつ、敗北=勝ち点0)
  2. 上記条件が同じ場合、得失点差が高いチーム
  3. 上記条件が同じ場合、総得点が高いチーム
  4. 上記条件が同じ場合、直接対決で勝利しているチーム
  5. 上記条件が同じ場合、くじ引き

2014W杯Cグループで日本がグループリーグを通過するには

本日、日本対ギリシャ戦の前に、同じくCグループのコロンビア対コートジボワールが行われています。

結果は2-1でコロンビアが勝利しています。

この時点で、コロンビアが2勝しており日本とギリシャが1敗1分けとなったため、次の試合結果を待たずしてコロンビアの2位以上が確定しました。

Cグループ内の順位的には以下になるかと思います。

順位チーム勝敗勝ち点得失点差総得点
1 コロンビア 2勝 6 +4 5
2 コートジボワール 1勝1敗 3 0 3
3 日本 1敗1分け 1 -1 1
4 ギリシャ 1敗1分け 1 -3 0

この時点で、勝ち点においてコロンビアに並べる可能性があるのはコートジボワールのみです。そのため、コロンビアの2位以上は確定しました。

次に、コートジボワールは最終戦であるギリシャに勝利した時点でグループリーグ通過が確定します。その上で、コロンビアが負けた場合は得失点差により1位となる可能性も残っています。これは難しいと思いますが。

つまり、日本はコートジボワールが勝たないことグループリーグ通過の絶対条件となります。その上でコロンビアに勝利し、勝ち点得失点差総得点のいずれかで勝つ必要があります。

 

まず、日本が勝ち、コートジボワールが引き分けた場合。

1勝1敗1分け(勝ち点4)で両者が並びます。コートジボワールが引き分けですので、得失点差に変更はありません。

コロンビアに1点差で勝った場合、得失点差は両者とも0になるので判定は総得点に持ち越されます。

1点差の内訳が1-0であれば総得点で負け、2-1であれば直接対決で負けていますのでやはり負けです。

そのため、コロンビアに3点取って勝つ2点差以上をつけた上で勝つことが通過条件となりますね。しかも、コートジボワールの引き分け内訳が0-0ではなく1-1であれば、得失点差は変わらずとも総得点は上がりますので、安全ラインではありません。

 

次に、日本が勝ち、コートジボワールが負けた場合。

1勝1敗1分け(勝ち点4)の日本に対し、コートジボワールが1勝2敗(勝ち点3)になりますので、その時点で勝利です。

ただし、今度はギリシャが1勝1敗1分け(勝ち点4)で並びます。

ギリシャには既に得失点差で勝っていますので、ギリシャの勝利がよほどワンサイドでなければ、コロンビア戦に勝った上でコートジボワールが負けた時点で、日本のグループリーグ通過は極めて現実的になります。

 

コートジボワールに負けた日本がコートジボワールに勝ったコロンビアに勝てるかどうかが最も大きな課題ですが。

現時点での全グループ結果

Aグループ

  ブラジル クロアチア メキシコ カメルーン 勝点 得失 総得
ブラジル(3位)  -  3 - 1 0 - 0   4 2 3
クロアチア(18位) 1 - 3 -   4 - 0 3 2 5
メキシコ(20位) 0 - 0    - 1 - 0 4 1 1
カメルーン(56位) 0 - 4    0 - 1  - 0 -5 0

Aグループはカメルーングループリーグ敗退が決定しています。

勝ち点・得失点差でトップのブラジルは通過の可能性が濃厚です。次の試合は2敗のカメルーンです。

もう1枠は勝ち点で勝るメキシコと得失点差・総得点で勝るクロアチアの直接対決で決まります。引き分けた場合がちょっと面白いですね。

ブラジルがグループリーグ敗退となるパターンは、カメルーンに負けた上でメキシコとクロアチアが引き分けた場合です。

Bグループ

  スペイン チリ オランダ オーストラリア 勝点 得失 総得
スペイン(1位) - 0 - 2 1 - 5   0 -6 1
チリ(14位) 2 - 0  -   3 - 1 6 4 5
オランダ(15位) 5 - 1    - 3 - 2 6 5 8
オーストラリア(62位)    1 - 3 2 - 3  - 0 -2 3

Bグループは驚くべきことに、現時点で既に前回優勝国のスペインのグループリーグ敗退が決定しました。同時に残る試合結果を待たずしてチリとオランダの通過が確定しています。

あとはチリとオランダの直接対決で1位2位の通過国が決まります。スペインは得失点差・総得点のいずれも最下位となっています。

Cグループ

  コロンビア ギリシャ コートジボワール 日本 勝点 得失 総得
コロンビア(8位)  - 3 - 0 2 - 1   6 4 5
ギリシャ(12位) 0 - 3 -   0 - 0 1 -3 0
コートジボワール(23位) 1 - 2    - 2 - 1 3 0 3
日本(46位)   0 - 0 1 - 2 - 1 -1 1

Cグループは上記で述べた通りです。

日本はコロンビアに勝つことと、コートジボワールが勝たないことがグループリーグ通過の絶対条件となります。

Dグループ

  ウルグアイ イタリア イングランド コスタリカ
ウルグアイ(3位) -   2 - 1 1 - 3
イタリア(18位)    - 2 - 1  
イングランド(20位) 1 - 2 1 - 2  -  
コスタリカ(28位) 3 - 1      -

Dグループはイングランドの2敗となりました。イタリア対コスタリカは明日に行われる予定となっています。

Eグループ

  スイス フランス エクアドル ホンジュラス
スイス(6位) -   2 - 1  
フランス(17位)    -   3 - 0
エクアドル(26位) 1 - 2    -  
ホンジュラス(33位)   0 - 3    -

EグループはAグループと同様、上位が下位に勝利しています。

Fグループ

  アルゼンチン ボスニア・ヘルツェゴビナ イラン ナイジェリア
アルゼンチン(5位) - 2 - 1    
ボスニア・ヘルツェゴビナ(21位) 1 - 2  -    
イラン(43位)      - 0 - 0
ナイジェリア(44位)     0 - 0  -

Eグループも順当です。順位の近いイランとナイジェリアはスコアレスドローです。

Gグループ

  ドイツ ポルトガル アメリカ ガーナ
ドイツ(2位) - 4 - 0    
ポルトガル(4位) 0 - 4  -    
アメリカ(13位)      - 2 - 1
ガーナ(37位)     1 - 2  -

Gグループも順当です。ただ、2位のドイツが4位のポルトガルに4点差で完勝しています。

Hグループ

  ベルギー ロシア アルジェリア 韓国
ベルギー(11位) -   2 - 1  
ロシア(19位)    -   1 - 1
アルジェリア(22位) 1 - 2    -  
韓国(57位)   1 - 1    -

Hグループも順当で、韓国はアルジェリアと引き分けています。

 

 

 

先にも触れましたが、驚くべきことにスペインが2敗でグループリーグにて姿を消しました。動揺はあまりにも大きいようです。

スペイン代表指揮官がGL敗退に動揺?…危うくチリ代表のチームバスに乗車 | マイナビニュース

Cグループの最終戦は25日(水)の朝5:00からキックオフです。両試合が同時に行われるそうで、どちらも日本で放送されるみたいです。

正直、日本がコロンビアに勝つのは難しい(予想は0-2)と思われるので、コートジボワールギリシャを観戦するかもしれません。その前に起きなきゃですね、はい。