読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thunderbirdでデフォルトをテキスト形式にする方法

関連:Outlook 2013でデフォルトをテキスト形式にする方法

プライベート用マシンではメーラにThunderbirdを使っています。

ほとんど受信オンリーではあるのですが、たまに送信もします。

送信メールのデフォルトをテキスト形式にする

ThunderbirdでHTMLメールとプレーンテキスト形式の切り替え方法 (送信メール) - プログラミングとIT技術をコツコツ勉強するブログ

  • 常時の設定: アカウント設定>編集とアドレス入力>HTML形式 のチェックの有無で決まる。
  • 一時的な設定: リボン上から,メールの「作成」ボタンを押す時に,Shiftキーを押しながらボタンを押せば,普段のデフォルト設定とは違うほうのメール作成ウィンドウが出現する。

Thunderbirdはマルチアカウントを簡単に使い分けることができますが、アカウントごとにデフォルトのメール形式を設定できますし、今回のみテキストにするといった運用も可能です。

受信メールのデフォルトをテキスト形式にする

メニューの「表示(V)」→「メッセージの表示形式(B)」→「プレーンテキスト(P)」を選択します。

表示形式には以下を選択できます。

  • オリジナル HTML(H)
  • シンプル HTML(S)
  • プレーンテキスト (P)

「プレーンテキスト」は通常のテキスト形式、「シンプルHTML」は文字サイズや配置のみの装飾、「オリジナルHTML」は通常のHTML形式となります。オリジナルHTML形式でもプライバシー保護のため、リモートコンテンツはデフォルトでブロックしてくれます。

 

 

送信と受信で設定箇所が違う上に離れているので注意です。