雑記(2015/06/17)

良い話と悪い話が聞けた。

マリオでステージを自作できる「Super Mario Maker」

任天堂、E3でSuper Mario Makerを発表―ユーザーが自由に新しいレベルを作ってプレイできるツール | TechCrunch Japan

同じようなコンセプトは以前にも聞いたことがある気がしますが、E3で改めてマリオのステージ自作ツール「Super Mario Maker」が発表されたそうです。

スマブラXでも対戦ステージの自作という仕組みが導入され、さまざまなユニークステージが公開されました。インターネット越しにダウンロードできたりするのも良かったです。結局は終点に落ち着くわけですが。

簡単すぎるのも難しすぎるのも詰まらないですが、ニコニコ動画などを見ているとたまに凄いセンスの持ち主もいるので、なかなか期待が膨らみそうです。

iOSFF7が今夏リリース予定

「ファイナルファンタジー 7」iOS版、今年夏にリリース : ギズモード・ジャパン

同じくE3にてFF7のリメイクが発表され、Twitterなどでもトレンド入りしていました。

大昔に一度プレイし、少し前にもプレイした覚えがあります。ストーリーについてはあまり頭に入ってこず、ひたすらマテリアとチョコボを育てることに奔走していました。

リメイクということで、画質はもちろん、ストーリーやゲームシステムなどにも手が入るのでしょうか。このあたりは未だわかりません。

一方で、iOS版にはプレイステーション版のFF7が移植されるそうです。ドラクエ等はスルーしていましたが、こちらは容量と価格によってはiPadにインストールしたいかもしれません。

Q.E.D. iff-証明終了-」に登場する犯人、被害者を読者から募集

[Q.E.D.]人気ミステリーマンガに読者が犯人、被害者として登場 | マイナビニュース

「Q.E.D.」「C.M.B.」新刊発売、犯人or被害者として作中に登場する権利当たる | マイナビニュース

Q.E.D. 証明終了」の新シリーズ、「Q.E.D. iff-証明終了-」と姉妹作品「C.M.B. 森羅博物館の事件目録」に登場する犯人、被害者を読者から募集するという企画が行われるそうです。

応募方法等については、17日に発売される単行本と19日に発売されるマガジンR、翌月6日に発売される月刊少年マガジンで発表されるとのことです。

講談社は、応募者に向けて「被害者、犯人ともに、極悪非道な反社会的人物として描かれる恐れがある」と説明している。

わりとサイコパスちっくな人物になる可能性もあるので応募にあたってはご留意を。

USB Type-C/USB3.0/USB2.0すべてに対応したUSBメモリが登場

ASCII.jp:USB Type-C端子搭載のフラッシュメモリーがサンディスクから発売!

世界で初めて、USB Type-C端子搭載かつUSB3.0/2.0端子搭載のデュアルUSBメモリがサンディスクから発売されるそうです。

USB Type-Cは以前の記事でも触れていますが、現在のUSBよりも格段に早く、何より表裏の区別がありません。いったん、完成された端子としても良いと思っています。

今回登場するデュアルUSBメモリは容量32GBで価格10k前後とのことです。

最近はもう遅くても良いので無線でやっているのでUSBメモリにそこまでの需要は見込んでいませんが、あればあると非常に便利なことは否めません。