読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows 7で「winsxs」フォルダの容量を減らす

メインで使用しているノートPCにはSSD1台のみ設置しています。

自作デスクトップPCを使っていたころはパーティションを細かく分けて運用していましたが、今はまったく分けていません。論理的以上に物理的に壊れることの多いこと多いこと…

のっけから横道に逸れた話題でした。

 

そんなわけで、1台だけあるSSD(100GB)ですが、既に90GB近くを使用していて、空き容量が10GB前後しかありません。

データ系のファイルはNASに置いてあるので、インストール必須なアプリケーション系で容量を占めていることが多いです。

その割にはあまりにも使用容量が多いので、何が原因かを少し調べてみました。

ちなみに、フォルダごとのサイズは以下のアプリケーションで表示できます。便利です。

Windowsのエクスプローラにフォルダサイズを表示させる拡張ソフト「Folder Size for Windows」

 

最も容量を占めていたと思われるフォルダがC:\Windows\winsxsという場所でした。

このフォルダについて調べてみると、以下の記事に概要と容量の減らし方が掲載されていました。

最新版【Windows】HDDの空き領域をギガ単位で回復する方法 - NAVER まとめ

どうやら、Windows Updateで使われるフォルダだそうです。

削除手順は以下の通り。

  1. 「ディスク クリーンアップ」を起動
  2. 「システムファイルのクリーンアップ」を選択
  3. Windows Updateのクリーンアップ」にチェックを入れて実行

手順の合間にはディスクチェックが挟まれるため、少し時間が掛かります。

また、ディスク クリーンアップ完了後は再起動することでWindows Updateの再適用? が行われます。これに意外と時間が掛かります。

 

当方の環境では22GBあったwinsxsフォルダが14GBまで減りました。すごい。

 

なお、ディスク クリーンアップはC:\Windows\System32\cleanmgr.exeから実行可能です。

デフォルトだとスタートメニューの「アクセサリ」→「システムツール」内にショートカットがあります。