Firefox本体のバージョンをダウングレードする方法

Firefox 42が正式にリリースされました。

メインのPCでは自動アップデートにしているので、起動後にはFirefox 42の初体験です。

そして吹っ飛んだアドオンの設定情報の数々… マウスジェスチャをはじめまともにアドオンが動いていないようです。

ということで、Firefox本体のバージョンをダウングレードすることにしました。

 

その方法は簡単です。

Firefox本体のバージョンをダウングレードする方法

Firefox本体のバージョンをダウングレードするには、戻したいバージョンのFirefoxをそのままインストールするだけです。

以前のFirefox本体を入手する方法については、公式サイトにも記載があります。

以前のバージョンの Firefox をインストールするには | Firefox ヘルプ

サイト内に記載されている以下のFTPっぽいリンクに各バージョンのインストーラが公開されています。

https://ftp.mozilla.org/pub/firefox/releases/

このページは以下のようなツリー構造となっています。

[バージョン番号]
└[OS情報]
 └[言語情報]
  └インストーラ

Firefox 41.2のインストーラをダウンロードしたい場合は以下のURLになります。

https://ftp.mozilla.org/pub/firefox/releases/41.0.2/win32/ja/

Windows 32bitの日本語インストーラ

 

Firefoxをいったん終了し、ダウンロードしたexeファイルを実行することで、現在使用中のプロファイルがある場所に再インストールされます。

アドオンやブックマークなどの設定はそのまま残ります。

 

 

ついでに、Firefoxの自動アップデートを防止する設定も記載しておきます。

Firefoxの自動アップデートを防止する方法

ツール(T)」→「オプション(O)」でFirefoxのオプション設定画面を開きます。

「詳細」の「更新」タブを開き、Firefox の更新で「更新の確認は行わない (非推奨: セキュリティリスク)(N)」に設定しておきます。

この場合、アップデートしたいときは手動で行いましょう。