読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記(2016/01/09)

non-janle soccer

今日もサッカー特集ですよ。

東福岡が星陵に2-0で勝利、決勝進出

東福岡、前回王者・星稜を下して夏冬連覇に王手…2年生コンビの得点で快勝 | サッカーキング

前回の冬大会優勝校である星陵と夏大会の優勝校である東福岡の好カード対戦が準決勝として埼玉スタジアム2○○2で行われました。テレビ観戦しましたよ。

序盤から押せ押せだった東福岡に対し、なかなかシュートまで持っていけない星陵という構図が続き、前半終了間際に東福岡8番の良い突破からのまさかの切り返すアシストボールを同じく6番が綺麗に決めて先制に成功します。これはほんとに見事でした。特にアシスト。

後半も東福岡の優勢は続き、追加点の奪取に成功したところで星陵側も予選8得点とダントツの10番を途中投入したものの、なかなかチャンスを作れずに2-0というスコアのまま、東福岡が決勝に駒を進めました。

星陵は5番と9番が良い動きをしていたと思ったのですが、後半開始早々に5番が少し痛めていたみたいで、9番も10番と交代してしまったのが個人的に残念です。GKの好セーブも少なくなかっただけに惜しい。

それにしても東福岡の個々の球際の強さが目立ちました。本当に強かったです。

國學院久我山青森山田を2-1で下し、初の決勝進出

國學院久我山が初の決勝進出…ロスタイムの劇的決勝弾で青森山田を下す | サッカーキング

続いて、同じ場所で東京A代表國學院久我山と青森代表の青森山田のもうひとつの準決勝も行われました。続けてテレビ観戦しましたよ。

互いに桐光学園前橋育英という強豪校を下してきており、こちらも負けじと面白い組み合わせとなっています。

こちらは序盤から一進一退の競り合いで、互いにシュートまで行くことが多くて観ていて気持ちの良い展開が多くなっていました。

やや國學院久我山側のシュートが多かった印象でしたが、先制したのは意外にも青森山田。しかし、直後に取り返すべく攻勢を仕掛け、同点に持ち込むことに成功しています。

点取り合戦の予感がしたものの、その後はシュート数こそ重ねていくが得点には至らず。揺れたゴールネットはオフサイド判定となったりもしました。

どちらが勝ってもおかしくないこの試合は、後半アディショナルタイムにてスコアを動かしたのは國學院久我山でした。これが決勝弾となり、劇的逆転勝利として同校初の決勝進出を実現しました。

なお、東京代表で決勝進出は帝京以来の快挙だとのこと。これで決勝は東福岡vs國學院久我山という非常に面白そうなマッチとなりました。いや、どちらが上がっても面白くはなりそうですが。

元日本代表DF闘莉王名古屋グランパスを退団

名古屋、元日本代表DF闘莉王の退団を正式発表…J1通算388試合出場 | サッカーキング

闘莉王が名古屋退団へ サッカー元日本代表DF :日本経済新聞

一方で、こちらはプロの話題となります。かつては日本代表のDFで活躍した田中マルクス闘莉王選手が名古屋グランパスからの退団を発表しています。

退団についてのコメントは記事に詳しく書かれています。プロ引退というわけではないようですので、まだまだどこかで活躍するシーンを見ていきたいです。