読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年Jリーグが開幕

今年2016年もJリーグの開幕戦が各地で行われました。発足してから24年目となります。

 

今季も2ステージ制で、1ステージの第1節として昨日8試合、本日1試合が行われました。

各試合の簡単な内容です。左がホームチームです。

ジュピロ磐田 vs 名古屋グランパス

試合会場:ヤマハスタジアム

今季よりJ1昇格となったジュピロ磐田の初戦です。相手は前季9位の名古屋グランパスです。

序盤から積極的な攻勢を見せるジュピロ磐田でしたが、GK楢崎選手の好セーブなどもあってスコアは動きません。

先に動かしたのは名古屋グランパスで、FWシモビッチ選手が先制点を奪取することに成功します。

その後は名古屋グランパスに流れが移り、攻守逆転の展開が続きました。

流れはそのまま名古屋グランパスが維持し続け、先制点が決勝点となり初戦を白星でスタートしています。

結果:ジュピロ磐田 0 - 1 名古屋グランパス

サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ

試合会場:エディオンスタジアム広島

前季の優勝チームであるサンフレッチェ広島は、6位だった川崎フロンターレをホームに迎えての初戦です。

前半はスコアレスなものの、お互いにチャンスを作る一進一退な攻防となりました。

後半も惜しいシーンが散見したものの、ゴールに結び付けられたのは川崎フロンターレの1点のみでした。

この1点が決勝ゴールとなり、前季覇者サンフレッチェ広島は黒星スタートです。

結果:サンフレッチェ広島 0 - 1 川崎フロンターレ

サガン鳥栖 vs アビスパ福岡

試合会場:ベストアメニティスタジアム

11位だったサガン鳥栖は、井原監督のもとでJ1に昇格したアビスパ福岡を迎えます。この対戦カードは5年振りとのこと。

前半も早いうちにサガン鳥栖は豊田選手が先制点を上げることに成功しています。アビスパ福岡も反撃を試みますが、前半のうちに追いつくことは叶いませんでした。

後半も攻めるアビスパ福岡でしたが、スコアを動かしたのは再びサガン鳥栖。カウンターからGKとの1対1を作り出した岡田選手が、難しいシュートをしっかり決めて追加点。

2点ビハインドとなったアビスパ福岡は、より積極的な攻勢に出て1点を返すものの、それ以上の得点には結び付けられませんでした。ただ、惜しいシーンがいくつもありました。

結果的には2 - 1となりましたが、展開によってはもっとゴールが見られたかもしれません。

結果:サガン鳥栖 2 - 1 アビスパ福岡

柏レイソル vs 浦和レッズ

試合会場:日立柏サッカー場

前季1stステージを無敗で切り抜けたものの年間1位には届かなかった浦和レッズが、柏レイソルのホームに乗り込みます。

前半はほとんど浦和レッズが攻め続け、ゴールラインを超えたかにも見えたシーンがありましたが、判定はノーゴール。柏レイソルはほとんどチャンスを作れませんでした。

後半になっても浦和レッズの攻勢は続き、ついにゴールネットを揺らしたかに見えましたが、これもハンドを取られ幻のゴールとなりました。

しかし直後には先制を奪取した浦和レッズでしたが、柏レイソルの負けずついに同点ゴール。ここからは一進一退の攻防が続きます。

最後はやはり浦和レッズがコーナーから決勝点を決めて試合終了。その強さを見せ付けました。

結果:柏レイソル 1 - 2 浦和レッズ

湘南ベルマーレ vsアルビレックス新潟

試合会場:Shonan BMWスタジアム平塚

前季はJ1昇格直後ながら年間8位につけた湘南ベルマーレが降格ギリギリの15位だったアルビレックス新潟と初戦を行いました。

立ち上がりからボールを支配し続ける湘南ベルマーレでしたが、先制したのはアルビレックス新潟でした。

1点を追いかける湘南ベルマーレでしたが、アルビレックス新潟は新加入の伊藤選手が交代早々に追加点となるゴール。J1デビュー戦ながら堂々の活躍を見せました。

その後、湘南ベルマーレはPK獲得で1点を返すものの、スコアが動いたのはこれが最後となりました。

結果:湘南ベルマーレ 1 - 2 アルビレックス新潟

ヴィッセル神戸 vs ヴァンフォーレ甲府

試合会場:ノエビアスタジアム神戸

12位だったヴィッセル神戸は、1つ下の13位だったヴァンフォーレ甲府を初戦に迎えています。

前半はややヴィッセル神戸ペースのように見えましたが、途中からはヴァンフォーレ甲府も調子を掴み始めます。前半の終了間際にはついに先制をヴァンフォーレ甲府が取りました。

1点を追いかけるヴィッセル神戸でしたが、しっかりした守備を見せるヴァンフォーレ甲府が崩せません。反対に、カウンターからの追加点を許す結果となります。

ヴァンフォーレ甲府のゴール前で乱戦となるシーンもありましたが、ここも決めることができず、ヴィッセル神戸は厳しい黒星スタートとなりました。

結果:ヴィッセル神戸 0 - 2 ヴァンフォーレ甲府

横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台

試合会場:日産スタジアム

タイトルを目指す横浜F・マリノスは、トップ10入りを目指すベガルタ仙台を迎えてのゲームです。

両チームとも守備に重きを置いているだけあり、お互いにチャンスらしいチャンスを作らせません。

スコアを動かしたのはベガルタ仙台FC東京から期限付きの移籍で加入している三田選手が先制点を上げました。前半の早い段階です。

いまひとつ調子を掴めないながら横浜F・マリノスでしたが、少しずつシュートチャンスを増やしていきます。いきますが、ゴールには結びつきませんでした。

結果は先制点が決勝点となるロースコアゲームとなり、横浜F・マリノスベガルタ仙台のGK六反選手の壁を最後まで越えられませんでした。

結果:横浜F・マリノス 0 - 1 ベガルタ仙台

FC東京 vs 大宮アルディージャ

試合会場:味の素スタジアム

年間4位だったFC東京は、堂々1位でJ2を勝ち抜き昇格した大宮アルディージャを迎えます。

前半から積極的に攻めるFC東京でしたが、大宮アルディージャがしっかりと防ぐという攻防のはっきりした展開が続きました。

後半も攻め続けるFC東京でしたが、先制したのは大宮アルディージャ。数少ないチャンスを形にしました。

結局、倍以上のシュート数を放つもゴールネットを揺らすことはついに叶わず、大宮アルディージャが貴重な1点を守りきり白星を飾りました。

結果:FC東京 0 - 1 大宮アルディージャ

ガンバ大阪 vs 鹿島アントラーズ

試合会場:市立吹田サッカースタジアム

かわって本日。第1節のラストであるガンバ大阪鹿島アントラーズの好カードが行われました。

ガンバ大阪は2大FWの宇佐美選手とパトリック選手をベンチスタートとしています。鹿島は柴崎選手や金崎選手をスタメンとしました。

試合展開はハイライト動画が見当たらなかったので書けませんが、ハイレベルな攻防の末、後半の先制点が決勝点となって鹿島アントラーズが白星スタートとなったようです。

結果:ガンバ大阪 0 - 1 鹿島アントラーズ

 

以上、9試合でした。