読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2018W杯最終予選 UAE戦(ホーム)

審判の判定が酷い試合でした。

 

長友選手をはじめ、何名かが負傷で離脱するという手痛いスタートとなっています。

UAEは勝ち星を上げられなかったアジア杯で負けているチームです。圧倒的なシュート数を記録しながらも、終ぞゴールを割れずPK戦で敗退しています。

 

とはいえ、前半から果敢に攻め立て、セットプレイで清武選手のクロスを、上手くフリーになった本田選手が見事なコースにヘッドで納め、先制点を奪取することに成功しました。

結果的にはその約10分後に、同じくセットプレイからのダイレクトフリーキックで同点に追いつかれるものの、ペースは日本が掴んでいる時間のほうが長かったです。同点弾については、見事に決めたUAEのハリル選手を褒めるべきというようなシュートでした。GK西川選手は触ることができたものの、バーに当たって押し込まれてしまいました。

その後も日本が押している時間が続きましたが、前半は同点のまま折り返すことになります。

 

後半でもその光景は変わりませんでしたが、UAEの何本かのカウンターのうち1本がPKをもたらし、これをハリル選手が冷静に決めて逆転となりました。

日本は宇佐美選手、浅野選手、原口選手を立て続けに投入し、非常に攻撃的なサッカーを見せ、何度も惜しいシーンを作り出しましたが、スコアを変えることはできませんでした。

ただ、これには非常に不満な判定がありました。

soccer_goal_160901

放送中のリプレイでも確認されていましたが、明らかにゴールラインを超えたにもかかわらず、キーパーが片手で弾いて押し返したことでプレーが流されました。

この試合、何度も好セーブを見せたGKエイサ選手でしたが、この1本は得点にカウントされるべきでしょう。

 

結局、アディショナルタイム4分を含めて、惜しいシーンを量産したものの、結果は1-2で黒星スタートとなりました。

 

  日本 オーストラリア サウジアラビア UAE イラク タイ 勝点 得失 総得
日本(49位) -     1 - 2     0 -1 1
オーストラリア(57位)   -     2 - 0   3 +2 2
サウジアラビア(61位)     -       0 0 0
UAE(74位)       -     3 +1 2
イラク(113位)         -   0 -2 0
タイ(120位)           - 0 0 0

オーストラリアがイラクに2-0で勝利したようなので、現在の状況は上記のようになっています。

6チームでホーム・アウェー戦を行いますので、全10試合あります。今後の勝ち星を確実に積み重ねることが大前提ですが、まだまだ順位は入れ替わっていくと思います。

9/6に行われるタイ戦(アウェー)で勝つことはもちろん、大量得点を取ることが期待されるでしょう。逆に、ここで負けや引き分けの場合は非常に厳しくなると言わざるを得ません。