読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2018W杯最終予選 イラク戦(ホーム)

soccer

終盤が非常に劇的な試合でした。

 

香川がベンチスタートで、スタメンはここのところ調子が良い選手を揃えたようです。

前半はやや優勢なものの、シュート数にそこまで差が無く、幸運やGK西川選手の好セーブに助けられた点も少なくなかったです。

そんな中、前半25分に本田選手→清武選手→原口選手の見事な繋ぎで綺麗に先制弾を決めてくれました。

そのまま大きな動きもなく1点のリードで前半を終了。

 

後半も早々な15分、セットプレイから同点に追いつかれてしまい、非常に苦しい状況が長く続くことになります。

イラクは後半も進むにつれ足が止まる選手が目立ち始め、日本は攻勢を増していくものの、どうしてもゴールを決めるには至らない展開がいくつも繰り返されました。

後半21分には酒井(宏)選手がイエローカードをもらい、次節のオーストラリア戦には出場できなくなってしまうというシーンも。守備に関しては全体的に危ない部分が多い印象です。

柏木選手に代わり山口選手、岡崎選手に代わり浅野選手、本田選手に代わり小林選手が投入されたものの、スコアは後半45分では動きませんでした。

正直、引き分けかなと落胆していたものの、6分間のアディショナルタイムでも繰り返されたシュートのうち、山口選手の放ったミドルが見事にゴールに突き刺さり、劇的な決勝点となりました。

なお、これまでの試合と違い、あまり笛を吹く主審ではありませんでした。ひとによって基準がだいぶ違うようですね。

清武選手と山口選手が非常に走ってくれた試合でした。

 

 

  日本 オーストラリア サウジアラビア UAE イラク タイ 勝点 得失 総得
日本(49位) -     1 - 2 2 - 1   6 +2 5
オーストラリア(57位)   -     2 - 0   6 +3 3
サウジアラビア(61位)     -     1 - 0 6 +2 3
UAE(74位)   0 - 1   -     3 0 2
イラク(113位)     1 - 2   -   0 -4 2
タイ(120位) 0 - 2         - 0 -3 0

勝ち点6が3チーム並びました。といっても、日本とイラクを除く残りの4チームも試合がありますので、このあとすぐに順位が入れ替わります。

今日はサウジアラビアとオーストラリアが対戦しますので、どう転んでもどちらかに勝ち点が入ります。引き分けてくれると面白いですね。

試合数も増えていき三つ巴の様相を呈してきましたが、まだまだ波乱はあると思います。

 

それにしても最後のシーンは思わず絶叫するほど熱いシュートでした。