読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2018W杯最終予選 タイ戦(ホーム)

結果だけ見れば完勝でした。

 

怪我で代表メンバーから外れる選手が続出する不安もありますが、相手は無勝のタイであり、ホーム戦でもあります。

勝てる見込みこそ高いものの、不安も募る試合でしたが…

 

前半も早いうちに、岡崎選手からのセンタリングを香川選手が受け、シュートフェイクを挟んでのシュート。電光石火な先制弾で、特にシュートフェイクは絶妙でした。

勢いに乗った日本が立て続けにチャンスをつくり、その後も久保選手のアシストを岡崎選手がヘディングで、これまた絶妙なコースを突いて追加点を重ねました。

 

ところが、後半になるとタイの攻勢が増し、非常に危ないシーンが増えてきます。

それでも、得点を決めたのはまたもや日本。一瞬の隙を突いた久保選手のシュートがバーを掠めるような際どい位置に決まります。

ダメ押しで、清武選手からのアシストをDFの吉田選手が決めて、4 - 0の完勝でした。

 

スコアだけ見ればその通りなのですが、前半の終わりから後半の中盤にかけて、積極的に攻めたのはタイでした。

最後はPKを取られたものの、そこは守護神・GK川島選手が見事にセーブ。しかし、下手をすれば1,2失点はあってもおかしくない気がしました。

 

とはいえ、上位の勝ち点が微妙なラインになってきている今、得失点差では有利を取ることができそうです。

 

  日本 オーストラリア サウジアラビア UAE イラク タイ 勝点 得失 総得
日本(51位) -   2 - 1 1 - 2 2 - 1 4 - 0 16 +9 14
オーストラリア(55位) 1 - 1 -   2 - 0 2 - 0   13 +5 11
サウジアラビア(57位)   2 - 2 - 3 - 0   1 - 0 13 +7 12
UAE(68位) 0 - 2 0 - 1   -   3 - 1 9 -3 7
イラク(122位)   1 - 1 1 - 2   - 4 - 0 4 -2 7
タイ(127位) 0 - 2 2 - 2 0 - 3     - 1 -16 3

これで暫定首位です。裏ではオーストラリアがUAEを下し、上位をキープしています。そして、サウジアラビアイラクの試合はこのあと行われる予定ですので、勝ち点や得失点差で並ばれる可能性もあります。

ここでイラクサウジアラビアを下すようなことがあれば、日本が単独首位に立てますが、サウジアラビアともオーストラリアとも直接対決が残っているので、ここで勝つのが重要となります。

特に、怪我をしている選手や調子を落としているような選手が多くなっているため、所属チームでの活躍と並行してコンディションを整えていかなければなりません。