Webページの印刷時にPDFを指定する方法

ビジネスマンをやっていると、Webページを印刷することがあるかと思います。領収書とか遅延証明書とか。

最近は各種の申請手続きもWebシステム化されていることもあり、これらをPDFファイルとして保存して添付したいときがあります。

紙媒体で入手したときはスキャナで取り込んでPDF化したものですが、せっかくWebページで確認できるサービスが増えてきたのに、「Webページ印刷→スキャナ取り込み→PDF」の工程が必要というのは少し残念です。

 

今回は、Webページを直接PDFとして保存する方法を紹介します。

Webページの印刷時にPDFを指定する方法

Adobe PDF プリンター 

PDF に印刷

PDFといえばAdobe社の提唱するファイルフォーマットであり、WindowsLinuxなどの異なるプラットフォームでも同じように閲覧できることを目的とした規格です。

PDFとして印刷したいときに調べてみると、おそらく冒頭にくるのがこの「Adobe PDF プリンター」です。

ただ、入手先が詳しく書いていないようですが、これは「Adobe Acrobat (有償)」に付随する機能なようです。

HTMLをPDFに変換、HTMLからPDFへのコンバーター | Adobe Acrobat DC

Cube PDF

無料 PDF 変換・作成ソフト CubePDF - CubeSoft

無償で使えるソフトウェアとしては、「Cube PDF」というものもあります。

実際に使ってみましたが、これで充分に目的を果たせるでしょう。欲を言えばもう少し印刷時のオプション指定が欲しいところですが、解像度やプロパティを指定できるのは良いですね。

Google Chrome

最近は使っていなかったので気付くのが遅れましたが、Google社製のWebブラウザ「Google Chrome」には、なんと標準で印刷時にPDFとして出力する機能が搭載されていました。

詳細なオプションこそありませんが、WebページをPDFファイルとして印刷する、という目的だけであればChromeだけで実現することが可能です。これは、今のところFirefoxにもIEにも無い機能です。

PDFmyURL.com

Convert any URL or Web Page to PDF Online

さらに異色な方法ですが、URLを指定することでPDFに変換して保存することができるWebサイトもあります。

PDF化したいWebページのURLを指定するだけで、PDFファイルをダウンロードすることが可能です。

ただ、もしかしたらログインが可能なWebページなどはさすがに難しいかもしれません。一応、「Option」内にUserNameとPasswordを指定するフォームがありますが、ログインに他の情報も必要なサイトなどは無理でしょう。

 

 

と、いくつかの方法をご紹介しました。

ほかにも見つけたら加筆します。