読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

URLをクラウドでタグ管理できるサービス「Pocket(旧:Read It Later)」

service add-ons extention application

概要

Pocket (Formerly Read It Later)

もともとは「後で読む」という形で始まり、Instapaperなどと競合していたサービスです。

特筆すべきは、他サービスやアプリとの連携の豊富さで、今は無きGoogleリーダーを始め、多くのRSSリーダーやアプリからどんどん保存することができます。

保存されたURLは、上記サイトからはもちろん、スマートフォンのアプリからも参照することができ、特にLTEがスタートする前の回線用に、テキストオンリーに変換してくれる機能もあります。

表題の通り、URLはタグを付けることで検索性を向上させており、クラウド管理のためブラウザのブックマーク(お気に入り)のように端末に左右されることもありません。

使い方

基本的な使い方については、上記の通りです。

ここでは具体的…というか特定アプリケーションごとに自分が使うものを記載していきます。

Firefox

add-onが用意されています。

Pocket (formerly Read It Later) :: Add-ons for Firefox

やりたいことの一通りができます。たぶん。

テキストビュー、アーカイブ閲覧はもちろん、タイトルやタグの編集、削除、各種連携なども揃っています。優秀です。

pocket_firefox_130828

Google Chrome

extentionが用意されています。

Chrome Web Store - Pocket (formerly Read It Later)

ただ、こちらは保存専用の拡張機能であり、それ以外のことができなさそうです。

他の拡張機能はこちらにまとめられていました。

Pocket(Read It Later)のChrome拡張を端から使ってみた - NAVER まとめ

なお、自分が閲覧用として使用しているのは、以下のextentionです。これはまとめにも載ってなさそうです。やったね。

Chrome Web Store - My Reading List

一応、テキストビュー、アーカイブ化、アーカイブ閲覧などができます。

iPhone向けアプリ

公式アプリが用意されています。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Pocket (Formerly Read It Later)

閲覧を始めとて、タグ編集、アーカイブ化、各種サービスへの連携など一通り揃っています。Pocketサービスを使用するのであればインストールしておくべきアプリですね。

ブラウザアプリからPocketへ保存

ブックマークレットを使用することで、現在ブラウザで開いているURLをPocketへ保存することができます。

ブックマークレットの追加方法については、上記で紹介したiPhoneのPocketアプリを起動し、Helpから参照できます。

pocket_iphone_130828_1

Helpの「How to Save」から「From Mobile Safari」のInstallを選び、SafariでPocketのブックマークレットのURLを開きます。

pocket_iphone_130828_2

こちらにアニメーション画像つきでブックマークレットの追加方法が掲載されていますので、ぜひお試しください。

ブックマークレットSleipnir Mobileなど別のブラウザアプリにも同様に追加することで使えるはずです。

その他のアプリ

Twitterクライアント、RSSリーダーなどはPocket連携を実装しているアプリが多いです。というか自分の場合、その辺りもアプリの選択条件に入ってきます。

また、連携機能のないアプリでも、URLを扱う以上は必ずSafari連携が選択肢にあるはずですので、1ステップ多くなりますが、上記のブックマークレットで連携することができますね。

トラブルシューティング

何かあったら加筆します。