読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014W杯、決勝トーナメント1回戦が全て終了

2014W杯の全ての本選1回戦が決着し、ベスト8が出揃いました。

トーナメント表でも作ってみるかーと思いましたが、htmlで表現するのが難しそうでした。

Googleのトップで上手く作っているのを見かけたので、いずれ頑張ってみようと思います。

 

 

ブラジル(A1) vs チリ(B2)

良い時間帯での放送だったので観ることができました。南米対決その1です。

前半の早い段階で、ブラジルのコーナーキックからチリ選手のクリアミスによるオウンゴールで先制点が入りました。記録上はシュートを撃ったダヴィド・ルイス選手の得点っぽいです。

ボール支配率はほぼ互角で、どちらも相当に上手い攻防で見てて楽しかったです。

チリは前半が終わる前にかなり狭いシュートコースをアレクシス・サンチェス選手が見事に射抜き、同点に追いつきました。

その後は惜しいシーンも散見しつつ、延長に突入してもスコアは動きませんでした。

結局、決勝トーナメントの第1試合からPK戦という心臓に悪い戦いとなりました。

これは凄かったです。PKでより×が多い場面とか初めて見たかもしれません。

最後はPKを3-2でブラジルが制し、最初のベスト8入りを決めました。

執拗なマークで削られ続けていたネイマールですが、試合終了後に涙する姿が見られました。

結果:ブラジル  1(3) - 1(2) チリ

コロンビア(C1) vs ウルグアイ(D2)

日本を含む3チームに連勝し1位突破したコロンビアと死の組を2位で突破したウルグアイの南米対決その2です。

ウルグアイは噛み付きが原因でスアレスが処分を受けたことで、イングランド戦に貢献したストライカーを欠く試合となっています。

ウルグアイについては、以下の記事を読んで少し印象が変わってしまいました。

イタリア、ウルグアイにやぶれGL敗退。真っ向勝負を壊したレッドと“凶行”。(1/4) [ブラジルW杯通信] - Number Web - ナンバー

試合展開としては、ハメス・ロドリゲスが前半と後半に1点ずつゴールを奪取し、2-0で勝ちきっています。コロンビアは少ないチャンスをものにする力が大きいですね。

結果:コロンビア 2 - 0 ウルグアイ

オランダ(B1) vs メキシコ(A2)

スペインに大差で勝利しBグループを全勝で通過したオランダとAグループをブラジルとほぼ互角で通過したメキシコの対決です。

前半にはほとんど動きが無かったようですが、後半の立ち上がりも早々にメキシコが先制点を決めています。

その後も一進一退だったようですが、後半の終わり際にオランダが同点に追いつき、アディショナルタイムの4分での逆転という劇的展開を迎えました。

メキシコにとってはドーハの悲劇ならぬカステロンの悲劇となるのでしょうか。

結果:オランダ 2 - 1 メキシコ

コスタリカ(D1) vs ギリシャ(C2)

話題沸騰中のコスタリカと、1試合で2国を抜いて通過したギリシャの対決です。

前半には動かなかったスコアは後半の早いうちにコスタリカが堅守ギリシャのゴールをこじ開けます。

レッドカードによる数的不利といった形勢に陥るコスタリカは、後半アディショナルタイムで遂に同点に追いつかれます。シュート数を見る限り、コスタリカは引いて守ることにしたようですね。その分、ギリシャのシュート数がかなり多くなっています。

イエローカード総数8枚、レッドカード1枚という大荒れのゲームとなったこの試合の主審は、本職は高校の体育教師だそうです。

2つ目のPK戦となったこの試合は、ギリシャの4本目をコスタリカGKナバスが見事セーブし、コスタリカが快進撃を続けることとなりました。

結果:コスタリカ 1(5) - 1(3) ギリシャ

フランス(E1) vs ナイジェリア(F2)

試合データからはあまり中身が想像できないゲームです。

以下の記事に大まかな流れが掲載されていました。

フランス 2 - 0 ナイジェリア マッチレポート - Goal.com

前半から動かなかったスコアは後半の終盤に近いタイミングでフランスが動かしました。

勢いに乗れたフランスはアディショナルタイムに追加点を決め、これが決定弾となりました。

結果:フランス 2 - 0 ナイジェリア

ドイツ(G1) vs アルジェリア(H2)

混戦Gグループの覇者ドイツは、辛くもHグループを通過したアルジェリアとの対決です。

この試合もデータだけ見れば、動きなくスコアレスで延長戦を迎えています。

延長前半の開始で遂に先制点を上げたドイツは、延長後半の終了間際に追加点を叩き込みます。

アルジェリアアディショナルタイムで1点を返すものの、追いつくには至らずドイツがゲームを制しました。

これでアフリカ勢も決勝トーナメントから姿を消すことになります。

結果:ドイツ 2 - 1 アルジェリア

アルゼンチン(F1) vs スイス(E2)

この対戦カードも90分間ではスコアが動きませんでした。

延長戦の後半にアルゼンチンが決めた先制点がそのまま決勝点となり、スイスを撃破しています。

結果:アルゼンチン 1 - 0 スイス

ベルギー(H1) vs アメリカ(G2)

90分間でスコアレスという試合が続きます。

延長戦の前半でようやく先制したベルギーは、前半のうちに追加点も決めています。

アメリカは延長後半で1点を返すことに成功しましたが、逆転には至りませんでした。

これで決勝トーナメントの1回戦は全てグループリーグ1位のチームが制したことになりました。

結果:ベルギー 2 - 1 アメリカ