読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2018W杯最終予選 UAE戦(アウェー)

2018W杯の最終予選としては、2017年になってからは最初の試合になります。

他の2試合は既に終了しており、上位争いをしているオーストラリアは痛恨の引き分け、サウジアラビアは3点完勝しています。

 

前半の開始早々に、酒井選手からのスルーパスを久保選手が綺麗に決めて、貴重な先制点を上げてくれます。かなり細いシュートコースを見事に決めましたが、これが代表初ゴールとのこと。

その後は少し危ないシーンこそあったものの、しっかりと防ぎきっており、前半は1点リードで終えることに成功しています。

 

後半からUAEが前掛かりになって攻めてきて、冷や汗をかかされるシーンもありました。しかし、後半の開始早々に得点を上げたのはまたもや日本。今野選手が追加弾を決めてくれました。

2点差となってからは、相手にチャンスらしいチャンスを与えず、本田選手、倉田選手(ガンバ大阪)を投入し、オフェンシブな体勢を続けます。下がったのは香川選手と、今日の試合の橋頭堡を築いたともいえる久保選手。

その少し後には、良い動きをしていた大迫選手が負傷したことで、想定外であろう3枚目の交代カードを使うことに。岡崎選手が急遽ピッチに立ちます。

アディショナルタイム4分を含めても、ほぼ相手陣でのボール支配ができており、2点完封で試合を終えることができました。

これで初戦の雪辱は果たせたことでしょう。

 

  日本 オーストラリア サウジアラビア UAE イラク タイ 勝点 得失 総得
日本(51位) -   2 - 1 1 - 2 2 - 1   13 +5 10
オーストラリア(55位) 1 - 1 -     2 - 0   10 +3 9
サウジアラビア(57位)   2 - 2 - 3 - 0   1 - 0 13 +7 12
UAE(68位) 0 - 2 0 - 1   -   3 - 1 9 -1 7
イラク(122位)   1 - 1 1 - 2   - 4 - 0 4 -2 7
タイ(127位) 0 - 2 2 - 2 0 - 3     - 1 -12 3

全チーム、1度は総当りが終わり、すでに折り返しを迎えています。

現時点で試合数は揃い踏み、日本は勝ち点で同率1位、得失点差では暫定2位となっています。そして、最新のFIFAランキングではオーストラリアを上回りました。

冒頭でも触れましたが、オーストラリアはイラク相手のアウェー戦で手痛い引き分けを残しています。

いずれのチームもまだ4試合を残していますので、油断は禁物です。

次の試合は28日にホームでタイ戦です。