【カロスダブル】 メガルカリオを使ってみたパーティ

WCS2014、および、ファミ通チャレンジカップで採用されている「カロスダブル」向けに組んだパーティです。

初っ端でゼロスタートの構築は手探りが過ぎる上に、育成時間も限られていました。

そんなわけで、この構築は以下の記事をかなり参考にさせてもらっています。

【カロスダブル】Wolfe Glickさんの北米大会使用構築翻訳記事|徒然なるポケモン日記

famitsuChallengeCup_PT_140418

パーティ構成

ポケモンわざとくせいもちもの
ボーマンダ りゅうせいぐん りゅうのはどう かえんほうしゃ いわなだれ いかく こだわりスカーフ
シャンデラ ねっぷう シャドーボール おにび まもる すりぬけ ラムのみ
バンギラス いわなだれ あくのはどう れいとうビーム まもる すなおこし いのちのたま
ルカリオ はどうだん ラスターカノン わるだくみ みきり せいしんりょく ルカリオナイト
モロバレル ギガドレイン キノコのほうし いかりのこな まもる さいせいりょく ゴツゴツメット
バリヤード サイコショック こごえるかぜ ねこだまし ワイドガード フィルター カゴのみ

個別解説

ボーマンダ

ダブルのドラゴン枠では、いつもお世話になっています。かなりの採用率です。

技構成も特に変更する必要性が無いと思いました。しいて言えば、岩技について。

いわなだれは2体攻撃でタスキも潰せて怯みも期待できるけどワイドガードで防がれてしまいますので、ストーンエッジやがんせきふうじも良いかもしれません。

りゅうせいぐんの威力が下がっているので、意外と耐えられます。耐久ラインの1つでもあるので仕方が無いかもしれません。

ダイブボール入り。

シャンデラ

ダブルでは頼りにしているポケモン。BW2時代はずっとスカーフ持ち。

今回はスカーフもタスキもトリックルームも無いですが、スーパーサブ的に置いてます。

主にガルーラギルガルドの抑止として上のほうに配置しています。効果があるかはわかりませんが。

確実に1度は行動したいため、ファイアローの特化ブレイブバードを耐えるように振っています。また、最速バンギラスも抜くようにしています。抜かれたらスカーフ確定です。

ギルガルドの多さゆえに選出機会は多かったのですが、刺さるポケモンが少なすぎたため、見せ掛けだけでなくプレッシャーを与えられる構成にしたいです。

メガシンカ枠を誤魔化すためにゲンガーに代えても良いかもしれないと思いました。

ゴージャスボール入り。

バンギラス

天候変化枠。炎を受けたりゴースト・エスパーを潰したり。

リザードンファイアローを潰すためにいわなだれを採用しつつ、基本は特殊主体です。

3つ目は炎技と氷技で迷いましたが、前2体が炎技を搭載しているため氷技に。

まもるを入れたのは、準最速で意外とバリヤードのこごえるかぜで抜けるポケモンが増えるので、間を外すのによく使いました。

持ち物はじゃくてんほけんと迷いに迷いましたが、火力増強が常時のいのちのたまにしました。

パーティの都合上、ヒートロトムを連れたマリルリなど、モロバレルが選出しにくい場面での水受けに駆り出されることが多かったです。負担が大きすぎですね。

ヘビーボール入り。

ルカリオ

メガシンカ要員。このパーティの主役。

最初に決めたので、わるだくみorあくのはどうで悩んだ以外は元記事そのままです。

パーティを客観的に見れば、バンギラスルカリオは物理主体に誤解されることを期待しています。残念だったな、今回は特殊オンリーだ。

ハピナスのような脅威の特殊耐久を誇るポケモンはカロスダブルに見当たらなかったので特殊オンリーな点については問題ないと判断しました。ただ、念を入れて積み技を採用することにしています。思い出せないから消しにくいのもあります。

隣に後ろ2体のサポート要員を置き、一度でも積めれば無双できるのは元記事通り。

突破が難しいのは水/炎+ゴースト/エスパー/ひこうなど。メイン技が半減するので厄介で、意外と多いです。

積まないと厳しい面も確かにありますが、裏を返せば積まなくても2発で落とせるので、みきりで間を外しつつ隣で削れれば次ターンの先手で落とせます。

そういう意味では、いかりのまえばを覚えたオンバーンドーブルは良き相方となるかもしれません。

ゴージャスボール入り。

モロバレル

実はBW2時代では使ったことが無かったポケモン

貴重な水・格闘を受けられるポケモンで、いかりのこな+ゴツゴツメットで機動防御(偽)のような立ち回りが可能です。

最遅でキノコのほうしを撒くくらいなら、いかりのこなで隣のポケモンをフリーにしたくなることが非常に多かったです。

物理厚めに振っているので安心して投げていけますが、やはりファイアローをなんとかしないと選出しづらい面も否めません。

真に光るにはトリックルームが欲しくなります。シャンデラに持たせるのもありかもしれませんが、そうなると誰かしらを抜いてクチートを入れたくなります。おいおい検討します。

プレミアボール入り。

バリヤード

思った以上に頼りになったポケモン。今まで通して初育成。

技構成に関しては最終的に元記事通りとなりましたが、ファストガードやアンコール、トリックなど面白い技が多くて迷いました。特にアンコール。

持ち物はさんざん迷った結果でカゴのみに。ガルーラドーブルルカリオバリヤードでなんとかする予定でした。そういえばドーブルを一度も見ませんでした。

元の期待値が低かったのもありますが、思ったより耐え、思ったより削り、思ったより抜き、思ったより活躍します。

特に、ガブリアス相手では非常に強く出られます。最終的に採用したワイドガードは使うタイミングに慣れれば便利な技です。

結局、カゴのみは一度も使用されることがなかったので、まだまだ手を加えられる要素はありそうです。

ムーンボール入り。

 

 

 

ファミ通カップはあまり対戦できませんでしたが、最終的には勝ち越せた気がします。

意外とメガシンカを選出しない人も多く、以前に書いた要注意リストに入ってないポケモンも多かったです。パルシェンとかカロス地方に居たっけ…

もっと上のレートに行ければ、また違った構築が見られたかもしれませんが、もう少しXYでのダブルバトルに慣れないと勝てなさそうです。

立ち回りは少し強気にいきました。最善手じゃなくて、相手の最善手に対する次善手を取ることでイニシアチブを握りますが、1手でひっくり返されるのが怖いところ。

WCS2014まで1週間ちょっとありますが、構築をどうするか考え中です。