読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2018W杯予選 シリア戦(アウェー)

3-0と快勝でした。いよいよ首位です。

 

シリアのホームゲームという位置付けですが、情勢不安によりオマーンでの開催となりました。

そのため、熱狂的なサポーターを除いてスタジアムが空という、やや静かな試合でした。

前半も一進一退で特に目立ったシーンもあまり見られず、静かなスコアという感じで終了。

試合が動いたのは後半からでした。

 

後半になって良い連携が見られ始め、岡崎選手の飛び出しがエリア内でのファウルを誘い、PKを獲得。本田選手がこれを納めてようやく待望の先制点。

その後も日本の優勢で進み、セットプレイからの香川選手のアシストで今度は岡崎選手が2点目を獲得。

最後には、途中出場の宇佐美選手が見事に決勝点となる3点目を決めました。この得点は本田選手の献身的なアシストもあってのゴールでした。

 

ということで、前半だけを見ればロースコアで終わりそうな試合でしたが、結果的には3点奪取での首位奪取という形となりました。お見事!

 

  日本 シリア アフガニスタン シンガポール カンボジア 勝点 得失 総得
日本(58位) -     0 - 0 3 - 0 10 +12 12
シリア(121位) 0 - 3 -   1 - 0   9 +10 13
アフガニスタン(130位) 0 - 6 0 - 6 -     3 -12 1
シンガポール(157位)     1 - 0 -   7 +4 5
カンボジア(180位)   0 - 6 0 - 1 0 - 4 - 0 -14 0

前回からはシンガポールがホームゲームでアフガニスタンに勝利している試合のみの変更となります。

3戦全勝で単独首位だったシリアに勝利したことで、日本は3勝1分、シリアは3勝1敗となり、勝ち点で上回ることに成功しました。これでようやく日本がグループ首位となりました。