【カロスダブル】 メガルカリオを使ってみたパーティ2

ジャパンカップ2014向けに以下のパーティを改良した構築です。

【カロスダブル】 メガルカリオを使ってみたパーティ

japanCup_PT_140504

前回の反省点

上に前回の構築リンクを載せていますが、以下のようなパーティを組んでました。

famitsuChallengeCup_PT_140418

勝ち越すことはできましたが、対戦していてきつかったのは以下の2点でした。

滅びの歌パーティは減っているらしいですが、やはり相手のパーティにゲンガーがいると大きく見えます。

こちらは火力面でボーマンダと珠バンギラスを選出したいところですが、どちらもマジカルシャインでかなり削られる2体です。

ギルガルドについては、シャンデラの導入で安心していましたが、刺さる相手がピンポイントすぎて選出しづらかったです。しかも対面で有利というわけでもありません。

また、メガリザードンYメガカメックスなどを相手にルカリオを選出したくないとき、代わりに選出できるエースもいませんでした。

 

ということで、ルカリオ以外の構築を白紙にして考え直しました。

  1. ルカリオで抜群を取れない水や炎の複合に強くて火力があるエース ⇒ マリルリ
  2. ギルガルドに抜群が取れ、ファイアローに強いポケモン ⇒ ヒートロトム
  3. マリルリ・ヒートロトムと相性の良いポケモンモロバレルを続投
  4. リザードンコジョンドのようなペアに選出できるポケモンボーマンダを続投

という感じで選んでみました。

当初、1の時点でウォッシュロトムを想定し、実際に厳選も始めていました。そして2でファイアローも考えましたが、どうもしっくりきませんでした。

ボーマンダが重くなるので、マンムーなども考慮にいれましたが、フリーズドライの遺伝が面倒で育成時間を考えて今回は取りやめました。

他にプテラギルガルドなども考えましたが、同様に育成時間やパーティバランスを考えた結果、上記のようになりました。

ここまでの5匹を見返してみると、めざめるパワー氷を持たせたヒートロトムが非常に重く、最後はヒートロトムを倒せるポケモンを探しました。

結果としては、以下の構築記事が現状と非常に近く、最後はガブリアスのアイデアを頂戴しました。

ダブル - カノンのノンノンポケモン日誌

配分は細部で異なりますが、ヒートロトムの持ち物とガブリアスの型は上記事を参考にしています。

パーティ構成

ポケモンわざとくせいもちもの
ボーマンダ りゅうせいぐん りゅうのはどう かえんほうしゃ いわなだれ いかく こだわりスカーフ
ガブリアス じしん いわなだれ りゅうせいぐん まもる さめはだ きあいのタスキ
マリルリ アクアジェット じゃれつく はらだいこ まもる ちからもち オボンのみ
ルカリオ はどうだん ラスターカノン わるだくみ みきり せいしんりょく ルカリオナイト
ヒートロトム オーバーヒート 10まんボルト おにび まもる ふゆう ラムのみ
モロバレル ギガドレイン キノコのほうし いかりのこな まもる さいせいりょく ゴツゴツメット

個別解説

ボーマンダ

前回と同様。

いわなだれはストーンエッジに変更する予定でしたが忘れてました。ファイアロー相手ならともかくメガリザードンYを考えるとストーンエッジのほうが良いようです。

前回も思いましたが、自分がボーマンダのスペックを知らなさすぎて使いこなせてない印象です。

せめて、りゅうせいぐん/りゅうのはどうでメジャーなポケモン相手にどれだけ削れるのかは事前に把握しておこうと思います。

メガガルーラへのりゅうのはどうは確定3発です。メガゲンガーへのりゅうせいぐんは低乱数1発、りゅうのはどうは確定2発。

ガブリアス

新規に育成しました。物理/特殊の二刀です。

詳細は参考にした元記事以上には語れなさそうです。

ただ、おにびでも機能停止しづらく、ドラゴンクローの火力が頼りないと思っていたので意外に頼りになりました。

厳選は以前シングル向けに済ませていたので、二刀用の性格での再厳選は容易でした。

ダイブボール入り。

マリルリ

新規に育成しました。炎・水に強い裏エースです。

もともとカロスダブル以前から育成はしようと思ってGTSなどで探していました。

おかげさまで遺伝技持ちのマリルが手に入ったので厳選も時間はかかりませんでした。

個人的には、はらだいこのタイミングが難しく、いのちのたまでも持たせたほうが使いやすいかもしれません。ただ、3番目の技が決まりませんでした。

結局、練習でのバトルハウスでこそ使用したものの大会では一度も叩きませんでした。改良の余地はまだありそうです。

ヒールボール入り。

ルカリオ

前回と同様。

お供のバリヤードは外しましたが、モロバレルのサポートでわるだくみは積めます。

前回の振り返りでも思いましたが、積んで確定1発を目指せるなら、積まずに確定2発を目指すのもありかなとも思っています。

ヒートロトム

新規に育成しました。

もともとウォッシュロトムの予定でおだやか5Vの厳選を済ませていましたが、最終的にはヒートロトムとすることにし、厳選しなおしました。

一応、めざめるパワー氷の個体ですが、本音は防御を妥協した感じです。

シャンデラよりは刺さるポケモンが多く、そのぶんオーバーヒート後の反動が厳しそうだったので、しろいハーブもありだと思っています。

ぼうじんゴーグル持ちも多いみたいですが、個人的にはねむりごな・キノコのほうし対策ならラムのみ、いかりのこな対策ならマリルリなどに持たせるべきかなと。

結果的にはラムのみも発動機会がありませんでしたが、代案は思いついていません。

ジャパンカップ2014では以下のような採用率だったそうです。

  1. オボンのみ(36.6%)
  2. こだわりメガネ(18.5%)
  3. いのちのたま(8.2%)
  4. ぼうじんゴーグル(7.1%)
  5. こだわりスカーフ(7.1%)
  6. たべのこし(6.0%)
  7. たつじんのおび(4.3%)
  8. ラムのみ(2.8%)

モロバレル

前回と同様。

ウォッシュロトムに強く、なんだかんだで採用率も高いです。

ねこだましを寄せられないこと、ちょうはつが飛んでくること、ファイアローが重過ぎることを除けば、ルカリオ以外の相方でもサポートできます。

今回はマリルリという相性の良い相方が新たに増えたので、活躍の場が広がりました。

ただ、やはりマリルリ+ヒートロトムモロバレルのラインはミラーマッチになりやすいので、スタンダードから少し外した型構成を考えてもみたいです。

 

 

 

結局、今回は大会期間が長かったですが諸事情で参戦率が著しく悪くなってしまいました。

「2014 インターナショナルチャレンジ May」の受付が昨日から開始しています。さきほどエントリーを済ませました。

今回は、パーティを使い慣れていない面もあるので、スペシャルレートで実戦を重ねつつ、後々にでも採用しそうなポケモンの厳選を並行して進めようと思います。