指定した箇所のカラーコードを抽出するソフト「Instant Eyedropper」

概要

Instant Eyedropper: Identify HTML-color code of any pixel on the screen with single-click and auto paste it to the clipboard

 

おそらく、Webブラウザの拡張機能としては同種のツールは数多くあるかと思います。

メインはWebサイトで使われるデザインからカラーコードを抽出するためなので、多くの場合は拡張機能で事足りるでしょう。

ただ、今回はWebサイト以外のところから、たとえばファイルアイコンなどからカラーコードを抽出したい場合などに、デスクトップツールとして同様の機能を持つソフトが欲しかったです。

「Instant Eyedropper」はその役割を見事に果たしてくれました。

ダウンロード

上記の作者さまサイトよりダウンロードできます。

使い方

exeファイルであれば実行してインストール、Portable版であればインストール不要です。

ソフトを実行すると、タスクバーに常駐します。このソフトをクリックし、マウスをドラッグしていると、マウスポインタが指すポイントのカラーコードを抽出してくれます。

シンプルでとても使いやすいです。

トラブルシューティング

何かあったら加筆します。

【Pokémon GO】レイドバトルのすすめ

少し前のバージョンアップで実装され、先日には伝説ポケモンも解禁された「レイドバトル」。

いろいろと美味しいので是非とも挑戦をおすすめします。

「Pokémon GO」に伝説レイドがやってきた!

 

まずは、基本の仕組みを書いてみます。

レイドバトルの基本

各地にある「ジム」にレイドボス対象のポケモンがランダムで出現し、1時間~2時間ほど居座ります。

レイドボスが出現している最中はジムバトル、ジムへのポケモン配置や木の実あげが行えません。ジム上部のポケスポットは回せます。

以前はレイドボスの出現前に赤や金のタマゴが表示されていましたが、現在はバグなのか唐突にレイドバトルが開催されます。

ソロ(1人)でも挑戦ですが、基本的には複数のトレーナーで協力してレイドボスと戦います。

バトル形式はジムバトルと同様に技1、技2を繰り出し、ときに回避する、それだけです。ただし、相手のCPがすごい高いです。

レイドボスに勝利すると、参加したトレーナー全員へ各種報酬と、そのレイドボスを捕獲するチャンスが与えられます。

レイドボスを捕獲できるのは、勝利時に与えられる「プレミアボール」のみであり、与えられる個数はレイドバトルの貢献度によって増減します。参加賞だけで最低でも5個は貰えます。木の実も使用可能です。

レイドパスについて

レイドバトルに挑戦するには「レイドパス」が必要です。

「レイドパス」は、1日に1回、ジムにあるポケスポットを回すと必ず貰えます。通常のポケスポットではないことに注意。

ジムのポケスポットから手に入る「レイドパス」は1枚しか所持していられないので、使っていない場合は翌日にポケスポットを回しても貰えません。ただ、翌日に使ってから回せば貰えます。

一方、100ポケコインで購入できる「レイドパス」もあり、こちらは所持限界が無いようです。ボックスやバッグの拡張がある程度まで済んでいれば、選択肢に上がると思います。

レイドボスが出現した際に、レイドパスを消費することでレイドバトルへ挑戦することができます。レイドパスを消費したレイドバトルについては、負けようが逃げようが、レイドボス出現中であれば何度でも再戦可能です。

レイドバトル勝利時の報酬について

レイドボスに勝利すると、たくさんの報酬が貰えます。是非とも積極的に参加しましょう。いや本当に。

まずはXP(経験値)。勝利時に「3,000XP」貰えます。そこそこ多く貰えるポケモンの進化でも500XPですので、かなり美味しいです。

なお、伝説ポケモンのレイドバトルに勝利すると「10,000XP」貰えました。やばい。

 

つぎに、「げんきのかけら」「ふしぎなアメ」「きんのズリのみ」「わざマシン」などの道具です。

ふしぎなアメ」は、手持ちのポケモンの強化や進化に使うアメに変えることができます。非常に便利。

「きんのズリのみ」は、通常のズリのみよりもさらにポケモンが捕まえやすくなります。

わざマシン」は、ノーマルとスペシャルがあり、それぞれポケモンの技1と技2をチェンジすることができるようです。入手頻度が低めで、まだ使ったことがありません。

 

最後は、前述の通り、倒したレイドボスを捕まえるチャンスが貰えます。捕まえたら進化前に戻る、なんてことは無いので安心です。即戦力になってくれるポケモンも多いです。

個人的には「ふしぎなアメ」が助かります。遭遇が非常に稀だったり、タマゴからしか入手できないポケモンは進化も強化も難しかったのですが、そんな悩みを解決してくれました。

もちろん、レイドボスそのものも良いです。伝説のポケモン以外であれば、「きんのズリのみ」の効果もありますが、最終的にはゲットできることが多いです。

伝説レイドについて

つい最近になって解禁されましたが、「フリーザー」「ファイヤー」「サンダー」そして「ルギア」が出現するようになりました。

といっても、この記事を書いている現在、「フリーザー」「ファイヤー」は出現期間が終わり、「サンダー」も残り2日ほどになっています。

 流石に今回のイベントが最初で最後ということは無いと思っているので、次回に備えて手持ちのポケモンを強化しておくのも良いでしょう。

 

実際に挑戦できたのは3回。冒頭リンクの記事で書いたフリーザーに続いて、ルギア、サンダーです。ファイヤーは見かけたものの、挑戦できるタイミングで挑戦できる場所に現れてくれませんでした…

フリーザーは別記事で書いたので、まずはルギア戦。18時過ぎくらいでめちゃめちゃトレーナーたちの集まりが良かったです。

最終的には18人が集まり、かなり余裕を持って討伐できました。

といっても、最初は12人くらいでも倒せず、何度か再挑戦した結果です。

なお、1つのレイドバトルに参加できるのは最大20人で、それ以外のひとは別のグループで挑戦となります。別のグループが勝利しても敗北しても、自身のグループには影響がありません。時間切れになった時点でグループが1度、解散します。

厳しかったのが、ランダムで選出されるメンバーにCP500とかのソーナンスが入るくらい、ルギアと相性の良いポケモンが手持ちにいなかったことです。

ですので、とにかく抜群の取れる電気タイプやゴーストタイプ・悪タイプを先頭にし、3~4体が倒された時点であえて逃げ、道具で回復して再挑戦を繰り返しました。

周りにも似たような戦術を取っているトレーナーが多く、協力して倒した! って感じでした。

プレミアボールは参加賞の5個に、チーム貢献度の1個しかもらえず、残念ながらゲットには至りませんでした。

 

 

あとは先日、同じく18時過ぎくらいにサンダーへ挑戦。雨が降り始めており、残り10分にもかかわらず、スマートフォンを凝視するひとが何人もいたので期待して参戦。

ルギア戦から少し間が空き、手持ちには2体のバンギラスがいます。レイドバトル頑張りました。

他には技2が地面タイプばかりのサイドンゴローニャなど、あとは抜群こそ取れませんが相手の攻撃に耐性のある電気タイプもあり、そこそこ戦える編成になっています。

自分のグループには10人の参加者がおり、これもかなり余裕を持って初回で討伐に成功しました

もらえたプレミアボールは参加賞の5個、ダメージ量ボーナスの3個、チーム貢献度の3個です。

相手の動きを観察し、行動直後の隙を狙ってGREATやカーブを狙いました。もちろん、ALLきんのズリのみ使用です。

そして…

初めて伝説のポケモンをゲットできました!

おすすめのレイドバトル

まず、伝説レイドはトレーナーが集まりやすいのでおすすめです。特に駅の近くに出現した場合はかなりの参加率が期待できます。

次に、バンギラス。伝説を除けば最も難易度が高く、ゲットしたあとの活躍も期待できます。そして、それ故に参加率も高いです。

カイリキーはバンギラスに非常に強いので、人気があり、そこそこ倒しやすいです。エスパータイプやフェアリータイプをぶつけましょう。

フーディンはカイリキーに強く、わりと倒しやすいので、これもおすすめ。攻撃力が高く半減されにくいので、レイドバトルの多くでも5,6体目の選出候補になります。

これらに加え、汎用性の高いシャワーズカビゴンサイドンフシギバナ、ナッシーなどがおすすめでしょうか。

 

あとは、★2以下のレイドボスはソロ(1人)でも討伐可能です。1日1回はレイドパスが貰えるので、練習も兼ねてこの辺りに挑むのも良いでしょう。「ふしぎなアメ」とXPが美味しいです。

レイドバトルにおすすめのポケモン

強いのはやはりバンギラスカイリュー、カイリキーなど、ジムバトルでも活躍する一線級のポケモンたちですが、いずれも入手しにくいです。

入手しやすくて使いやすい、個人的におすすめなポケモンは以下になります。

  • ナッシー:草タイプとしてもエスパータイプとしても活躍でき、入手しやすく進化も1段階で育てやすい
  • ニョロボン:特に格闘タイプとして活躍できる。いわくだき/ばくれつパンチニョロボンは是非とも育てておくべき。2段階進化だが入手しやすい
  • サンダース:伝説レイドがいずれも飛行タイプなので弱点が突ける(サンダーは除く)。育てやすく、レイドボスとしても登場するので入手しやすい
  • シャワーズ:耐久力があり、水タイプとしては非常に強い。サイドンバンギラスはもちろん、サンダー以外の伝説レイドでもそこそこ活躍できる
  • カイロス:虫タイプはナッシーやフーディンなどのエスパータイプに強く、こいつはインファイトなどの格闘技も覚えるので役に立つ。進化しないので育てやすく、虫技も格闘技もバンギラスに強い

この辺りを何体かずつ育ててレイドバトルに参戦し、レイドボスを捕まえて「ふしぎなアメ」で育てて、今回やきっと次回以降にも開催される伝説レイドに参戦しましょう。

伝説レイドについては手持ちのポケモンの育成度合いもありますが、何よりも参戦人数が重要なので、1人でも多く参戦してくれれば、みんなハッピーです。

 

以上、レイドバトルのすすめ、でした。

チャレンジダンジョン!(2017年08月クエスト)

08/01(火)00:00 ~ 08/31(木)23:59の間に開催されているクエストダンジョンのチャレンジLv1~10です。

毎月変わるクエストダンジョン登場!|パズル&ドラゴンズ

こんなパーティでクリアしましたという紹介です。

他のチャレンジについてはpazdraカテゴリに載せています。

 

先月から、チャレンジダンジョン+降臨チャレンジ的なものが毎月のクエストとして開催されるようになりました。

開催期間が長いのと、時間が経てば経つほどクリアパーティの紹介も進むと思うので、以前よりはハードルが下がっているのではないかと思います。

今回もチャレンジLv1~10のみ記事にします。先ほどクリアしたLv10で8月クエストの攻略が完了しました。ふふん。

続きを読む

緋炎の雲海都市

07/31(月)00:00 ~ 08/06(日)23:59の間に開催されている新ダンジョン「緋炎の雲海都市」です。

新ダンジョン「緋炎の雲海都市」登場!|パズル&ドラゴンズ

こんなパーティでクリアしましたという紹介です。

他のチャレンジについてはpazdraカテゴリに載せています。

 

新しいダンジョン形式の第3弾です。

関連:

白蛇の地下迷宮

異聖の天上宮殿

全体的に難易度が上がっている気がします。ただ、手持ちのパーティによっては逆にやりやすくなってるプレイヤーもいそうです。

 

一応、クリアできなくても新キャラクターを入手することは可能ですが、今のところ進化素材は入手方法が非常に限られているので、使うタイミングが難しそうです。

続きを読む

2017年6月のページ別アクセスランキング

2017年6月のアクセスランキングです。全体で35,495件のアクセスをいただけました。

関連:

2014年06月のページ別アクセスランキング

2015年06月のページ別アクセスランキング

2016年6月のページ別アクセスランキング

続きを読む

正規表現の自動生成と確認

JavaScriptファイル群から「空白文字列との比較」を行っている箇所を見つける、という要件がありました。

少し悩んでから、苦手な正規表現で頑張ろうと決意しました。

そんなとき、ふと、正規表現を自動生成できないものか、と思いました。

 

探してみると、以下のサイトが見つかりました。

正規表現じぇねれーた

早速、試してみました。

なお、今回「空白文字列との比較」を探すにあたり、見つける対象を以下のように定義してみました。

== ""
==""
== ''
==''
!= ""
!=""
!= ''
!=''

ほかにも、=== ""とか!== ""なんかの厳密比較もありますが、これらは上記のいずれかに該当しそうなので省略。

 

これらを、正規表現じぇねれーたに掛けてみると、以下の正規表現が自動生成されました。

(?:!=(?: (?:""|'')|""|'')|==(?: (?:""|'')|""|''))

 

よくわかんないですが、なんとなくそれっぽいです。

実際にエディタのGrep機能で試してみると、少なくとも抽出された結果は目的のものと合致しています。

逆に、抽出したいけど引っかからないものがあるかは現在も確認中ですが、正規表現を組む参考には充分なってくれそうです。

 

 

それと、生成した正規表現がどのような仕組みかを図解してくれるサイトもありました。

Regexper

これも、上記の生成された正規表現で試してみると、以下のような解析図を出力してくれました。

なお、デフォルトだと非常に小さな画像だったので拡大しています。

こうして確認すると、正しい正規表現なようです。

 

非常に苦手な正規表現ですが、この2つのサイトのお世話になりながら少しずつ勉強していこうと思います。

「Pokémon GO」に伝説レイドがやってきた!

所用で外出し、用事を済ませて少し時間が空いたところで、散歩でもしようと思いました。良い感じで曇ってて風があったので散歩日和でした。

 

そんな中、ふと周りのレイド状況を確認してみると、まさかのフリーザーが近くに降臨していました。

 

 

早速、ジムがあるところまで歩いてみると、明らかにスマートフォンをタップ連打しているひとたちが何人も。

とりあえず、参戦してみました。

フリーザーに刺さるのは岩タイプですが、まともなのがオムスターくらいしかいませんでした…

手持ちのサイドンゴローニャは全て地面技構成。これはこれで電気タイプのレイド戦で重宝していますが。

あとは炎タイプがそこそこ、相手の攻撃を半減できる水タイプもなかなか使いやすかったです。

 

そんなこんなで、最初のレイドは残り2割くらいを残してタイムアップ。参加人数は6人だったかな。

次のレイドは8人くらい居たのですが、残り1割くらいでタイムアップでした。

ちなみに、レイドパスは同じレイド戦なら1枚消費で勝つまで何度でも再戦可能です。

 

最初の6匹だと時間いっぱいまで生存できず、回復アイテムを使いながら再戦していたので、レイドの時間よりも道具の消費がリミットでした。

ということで、最後の1戦。これも9,10人くらい居ました。

左上の表示が8になっているので、もしかしたら抜けたか落ちたひとがいるかもしれません。

17秒ほど残して討伐成功。最後は1セット目のポケモンを回復してあげる余裕もなかったので、ひたすら高CPの草・ドラゴン以外を選出してぶつけました。

 

フリーザー討伐結果はこんな感じ。

スクリーンショットが上手く撮れませんでしたが、「わざマシン ノーマル」なども貰えました。

ボールはほぼ参加賞だけですね。討伐成功自体が成果みたいなものです。

 

 

最終CPは1609。ボール6個の全てに「きんのズリのみ」を使いましたが、捕まえることはできませんでした…

 

 

 

今後、どのくらいの頻度で降臨するのかは分かりませんが、やはりバンギラスが1,2体は欲しいです。

予定されている伝説レイドは「フリーザー」「ルギア」に追加で「サンダー」「ファイアー」あたりだと聞いています。

バンギラスは岩技で3体に2倍または4倍、悪技でルギアに2倍が取れる上にタフで高CPな万能ポケモンです。

 

まずは通常レイドのバンギラス討伐へ積極的に参戦したいです。

そのバンギラスを討伐するポケモンも手持ちには爆裂パンチなニョロボンが1体しかいないので、カイリキーレイドにも参戦したいですね。

カイリキーの討伐はフーディン、エーフィ、ナッシーあたりが強いです。フーディンのレイドか、捕まえやすいナッシーを育てておくと有利でしょうか。なお、最近はイーブイが妙に出にくいのでエーフィは持っていません。

 

 

ジムの仕様が変わり、活躍するポケモンの幅が少し増えたことは嬉しいです。

その分、育てておくべきポケモンも多くなってしまったので、レイドはこまめに参戦したいです。

レベル1,2くらいのレイドならソロでも討伐可能ですが、やはり一番効果的なのは参戦人数が増えることです。

少しでもダメージソースが増えれば勝てる可能性も討伐速度も上がります。

レイドの参戦方式はシステム的にもうちょっと工夫してもらいたい部分もありますが、まずは参戦してくれるひとが少しでも増えればいいなと思います。

 

そんな感じの伝説レイドでした。

それにしても、リザードンが吹雪1発で沈められ、ブースターのほうが活躍するとは思わなかった。